【プロ解説】Webデザイナーになるための2つの必須スキル

こんにちは、普段はフリーランスデザイナーとしても仕事をしています坂本です。

今回はWebデザイナーが求められるスキルをご紹介。

これからWebデザイナーを目指したい方に向けて、どんなスキルを習得する必要性があるのか、分かりやすく解説していきます。

Webデザイナーの求められる必須スキル

Webデザイナーとして仕事をする上で、求められるスキルは2つ。

「デザインの基礎知識」と「ツールの扱えること」です。

ひとまずこれらはマストで、新卒のデザイナーや未経験の人はこれらをまず学ぶことが最優先です。

デザインの基礎的知識

まず大前提としてデザインの知識がなければデザイナーとしての仕事は厳しいです。

具体的な例としては以下の通り。

  • 基本原則(近接、整列、反復、コントラスト)
  • フォント(基本的なタイポグラフィ)
  • 配色
  • レイアウト

この4つの項目は間違いなくあった方が良いです。

特に基本原則は必ず抑えておきたいところで、出典元として有名なノンデザイナーズ・デザインブックは必読といっても良いでしょう。

その他のフォントや配色、レイアウトといった部分もやはり必要な要素で、ある程度体系的に学べる本などは沢山あるのでそれらを勉強するのがおすすめです。

そうした知識を実際に手を動かしながらアウトプットしていけば、自ずと身についてきますよ。

まだまだ自信がない方は、こちらの記事で基礎知識が学べる本を紹介していますので参考にして貰えればと思います。

現役デザイナーが教える!初心者におすすめのデザイン本【グラフィック&WEB】
MEMO
加えてWebにおける知識もあると良いですね。例えば画像ファイル(.jpgや.png)の違いや解像度など。これらは実際に仕事をしながら覚えてはいけるので優先度は高くありません。

デザイン制作ツールが扱えること

お次はデザインを制作する上で必要なツール。

一般的にグラフィックデザイナー、WebデザイナーともにAdobe社のIllustrator、Photoshopは、多くの企業で採用されているツールなので、この2つは使用できた方が良いです。

そしてWebデザイナーであれば、これらに加えてFigmaやAdobe XDといった、Webサイトやスマホのデザインをするツールが必要になってきます。

最近ではツールも比較的増えてきおり、選択肢も広がりつつあるので、ぜひ色々試してみることをおすすめします。

【無料あり】デザイン制作に必要なツールをプロが紹介する

Webデザイナーであると良い3つの追加スキル

ここからは必須スキルではなく、追加で習得しておくと良いスキルの紹介です。

追加スキルを学ぶメリットとしては、業界内での自分自身の市場価値が上がることにあり、その恩恵は仕事におけるポジションや年収といった部分に大きく反映されます。

今回は3つの主なスキルをピックアップしました。

コーディング

コーディングというのは、デザインをWebサイトやスマートフォンに反映させるためにソースコードを記述すること。

ざっくり、デザインをコンピューターが認識できるようにする作業ですね。

本来はデザイナーの仕事ではないのですが、コーディングの知識があるとエンジニアとのコミュニケーションがスムーズになり、連携がとりやすくなります。

なんだか難しそうですが、ある程度HTML / CSSの記述ができればOKです。(Javascriptなど高度な記述は基本的には不要)

そんなに難しくもないので、本などでサクッと勉強すれば出来るようになります。

HTML / CSSを学ぶのにおすすめの本は「作りながら学ぶ HTML/CSSデザインの教科書」です。

写真も豊富で初心者向け。

【最新】初心者がHTML/CSSを勉強するのにおすすめの本&サイト

SEO

Webサイトの制作で大切になってくるのがSEO(検索エンジン最適化)です。

SEOというのは、Googleなどの検索エンジンで特定のキーワードに対して上位表示されやすくするための技術。

これらを最適化することで、サイトに訪れる人の数を増やすことができます。

そんなSEOですが、デザイナーであっても知っておきたいところ。

例えば、よくあるミスとして、テキストを画像としてサイトに表示してしまったりとかですね。

これは何故駄目かというと、Googleなどの検索エンジンではテキストの情報をベースとして読取っているので、画像ファイルだと認識できないんです。

このような検索エンジンが理解しやすい表現があります。

マーケティング

先程のSEOにも繋がってくるところですが、デザイナーはとにかく綺麗なデザインを作ることだけに意識がいってしまいがち。

もちろんそれがデザイナーの仕事でもありますが、どんなサイト、アプリにも依頼側の意図が必ずあるのです。

そこでマーケティングの視点・知識があると、非常に重宝します。

つまり俯瞰してみるとデザインは、マーケティングの上に存在することが多く、あくまで最終的なゴールは綺麗なデザインを見せることではなく、販売促進。

見栄えの良いデザインではなく、売れるデザインをするべきで、このあたりの感覚はマーケティングの視点がなければ非常に難しいです。

かくゆう僕自信もマーケティングとデザインをかけ合わせて仕事をすることを武器としています。

【まとめ】Webデザイナーに必要なスキル

以上がWebデザイナーに必要なスキルでした。

  • 【必須】デザインの基礎知識
  • 【必須】デザイン制作ツールが扱えること
  • 【+α】コーディング
  • 【+α】SEO
  • 【+α】マーケティング

ぜひ1つずつ身につけられるように頑張りましょう!

デザイナーにおすすめの記事

【現役デザイナーが厳選】Webデザインが学べるおすすめスクールはこの2社です【オンライン】【最新】現役デザイナーがおすすめする転職サイト・エージェントまとめ