【無料】アフィリエイトが学べる!公式LINEマガジン

これが最短距離!Webマーケティングの独学方法を解説します

こんにちは、坂本です。

今回はWebマーケティングを独学で学びたいという人向けに解説していきます。

僕自身も完全未経験の状態から独学でWebマーケティングを学び、ベンチャー企業で数社Webマーケターとして仕事をしてきたので、参考になる点はあるはず。

ぜひ参考にしてこれからの学習に活かして貰えればと思います。

Webマーケティングには2パターンある

Webマーケティングというのは、集客をして販売をするまでを指します。

そこで知っておいて欲しいのがWebマーケティングの種類です。

一言に集客といっても様々で、代表的なのが以下の2つ。

・コンテンツマーケティング

・広告運用

コンテンツマーケティング

最初に紹介するのがコンテンツマーケティング。

これはブログやTwitterのテキストコンテンツ、InstagramやYouTubeの写真・動画コンテンツといったものを通じて集客をするマーケティング手法です。

実際に集客して集まったユーザーはコンテンツを通じて、商品を理解し、比較検討をすることで購買へと繋がるという流れになっており、購買意欲の高いユーザーだけでなく見込み客の段階でもアプローチをすることが可能。

TwitterやInstagram、YouTubeなんかはプラットフォームを利用するのに費用がかからないため、良質なコンテンツさえ作ることができれば集客が可能になるので多くの企業が取り組んでいます。

広告運用

続いて広告運用ですが、これは主にWeb広告のこと。

Web広告には以下のようなプラットフォームがあります。

  • Google広告
  • Yahoo! プロモーション広告
  • LINE広告
  • Facebook広告
  • Twitter広告

Web広告は至る所で目にするので、皆さんも一度は見たことがあるんじゃないでしょうか。

こうした広告を出稿し、運用するのもWebマーケティングの一環で、マーケターの基礎スキルといって良いほど需要のある業務です。

Webマーケティングの独学のゴール設定

Webマーケティングの種類を理解したところで、最短距離で学習をするためのポイントを先にお教えしておきます。

これを理解しておかないと、高確率で独学は失敗するのでぜひ読んでいただきたいです。

このポイントというのは、以下の通り。

・最終的な目標設定は数字をつくること

・アウトプットを前提としたインプットをする

前提として、Webマーケティングを学ぶ上での最終的なゴールは、アクセス数や売上といった数字を作ることを目標にしたほうが良いです。

Webマーケティングは単に本を10冊読めばOKというものではなく、自分で実践してみて初めて理解が深まります。

マーケターとして認められるのはやはり数字で実績を語れるかどうかが重要です。

ですので独学とはいえ、インプットばかりをするのではなく、実際に実践しながらアウトプットしていきましょう。

ちなみにここで、しっかり数字という実績を作ることができれば、就職や転職もしやすくなりますし、キャリアアップという面でも圧倒的に役立ちます。

資格はスルーでOK

よくWebマーケティングの学習で資格を取ろうという人がいますが、はっきり言って資格は無駄なのでスルーでOKです。

詳しくは下記記事で解説しています。

Webマーケティングに資格は不要な理由【やるべきことは1つです】

コンテンツマーケティングの独学法

それでは早速コンテンツマーケティングの方から具体的な独学での勉強法を解説していきます。

コンテンツマーケティングは個人でも低コストで始めることができるので、これから独学でWebマーケティングを学ぶならおすすめです。

コンテンツマーケティングであれば、やるべきことは以下。

・WordPressでサイトを立ち上げる
・SEOを学びながらコンテンツ作成
・実際に商品を売る(アフィリエイト可)
・SNSなど他の集客媒体もやってみる

要はサイトを立ち上げてゼロから集客をして販売までを行うということですね。

ここでも最初に本で学んでからじゃないと…という人がいますが、それはやりながらでOKです。

実践していく中で分からないところを本で解決して進める方が得策。

そして、集客の段階でアクセス数、そして最終的な売上という数字まで作ることが可能なので、Webサイトを立ち上げて売上をあげるというと単純に聞こえますが、やる価値は十分にあります。

広告運用の独学法

続いて広告運用ですが、これも大きな流れはコンテンツマーケティングと同様です。

・WordPressでサイトを立ち上げる
・商品はアフィリエイト
・Facebook広告などに広告を出稿
→バナーなどのデザイン製作が必要になるので、コストを下げるのであればリスティング広告(検索連動型広告)

しかし、広告運用はどうしても広告を出稿する費用が必要です。

予算として10万円ぐらいを用意し、ひたすらPDCAを回すイメージですね。

広告運用はWebマーケティングスクールがおすすめ

広告は初心者が独学でやるとなると、結構難しい部分もあります。

コストの問題もありますし、リスティングならまだしもディスプレイ広告なんかはバナー広告の作成が必須ですし、この辺りをデザイナーでもない個人が全てやるのは現実的じゃないですね。

そこでおすすめしたいのが、Webマーケティングスクールの活用です。

最近ではプログラミングスクールが人気ですが、同様にWebマーケティングを学ぶことができるスクールがあります。

オンラインで完結するものもあり、いずれも広告運用について学べるのでWebマーケターを目指していて広告運用を学びたい人にはおすすめです。

【プロ激選】おすすめのWebマーケティングスクールを徹底比較

【まとめ】Webマーケティングの独学法について

今回の記事のポイントは以下。

ポイント
  • Webマーケティングはコンテンツマーケティングと広告運用の2つがある
  • 独学の最終的な目標設定は「数字を実際に作ること」に設定すべき
  • 具体的にはアクセス数や売上をゼロから作ること
  • コンテンツマーケティングはWebサイトを立ち上げて実際に商品を売ってみる(ブログアフィリエイト)
  • 広告運用はコンテンツマーケ同様にWebサイトを立ち上げて、集客を広告にする

今から起こすべきアクション

広告運用を学びたいなら
→上記と同様の記事を参照
→Webマーケティングスクールを検討する
おすすめのWebマーケティングスクールをプロが徹底比較