【現役デザイナーがおすすめ】デザイナーが持っておくと良い資格は?

こんにちは、普段はフリーランスデザイナーをしています坂本です。

今回は、デザイナーが持っておくと良い資格を解説していきます。

これからデザイナーを目指す方や、既にデザイナーという方にも参考になるかと思います!

【前提】デザイナーにとっての資格の必要性

まず前提として、デザイナーという職業には免許資格はありません。

基本的なツールの扱いができればデザイナーとしての仕事はできます。

【プロ解説】Webデザイナーになるための2つの必須スキル

では何故、資格を取るかというとスキルアップのためです。

そこそこ有名所の資格だと、知識を体系的に学ぶことができ、実務にも転用しやすいものが多く、そこそこ役に立ちます。

その一方で、就職や転職でのアピールで取るのであれば、それはあまりおすすめしません。

現在でも履歴書には資格取得の欄が設けられていますが、デザイナーであれば最もアピールすべきはポートフォリオです。

あくまでスキルアップの一環として資格取得を捉えるほうが、僕は良いと考えています。

1番最悪なのは資格を取ることだけが目的となった「資格マニア」です。

趣味としては何も言いませんが、キャリア的に見ても無駄な資格取得は無意味なので気をつけましょう。

デザイナーが持っておくと良い3つの資格

近年では、参入障壁の低さから資格ビジネスを展開する事業者が増えています。

中にはほとんど役に立たない資格も当然ありますが、今回はプロのデザイナー視点で、以下のポイントを満たす資格をご紹介します。

  • 資格自体に知名度がある
  • ちゃんと役に立つ

それでは1つずつ見ていきましょう。

色彩検定

文字通り、色彩に関する検定で、デザイナーの持つ資格としては1番有名です。

デザイナーはもちろん、ファッション関係や建設、飲食など多岐にわたる仕事でも活かせます。

僕自身も2級を持っていますが、色彩検定は仕事でも役に立つ事が多く、特に配色なんかの基本知識は色彩検定によるものが大きいです。

公式テキストを読んでおけば、そこまで難しくないので、色彩に関する知識をレベルアップさせたい方にはおすすめですね。

  • 1級…プロフェッショナル向け
  • 2級…実務に応用したい人向け
  • 3級…初めて色を学ぶ人向け

ウェブデザイン技能検定

Web系の資格では珍しい国家資格。

ウェブデザインということで、画像処理やHTML、CSSといったサイト制作に必要な知識が必要です。

1~3級とあるのですが、2級以降は実務経験年数も受験条件として組み込まれており、他の資格に比べてもややハードルのあるものになっています。

一方で、ウェブデザイナーとしてのスキルをアピールするのは最適で、1~2級を持っていれば、一定の評価は得られそうです。

DTPエキスパート

そして続いて紹介するのがDTPエキスパート。

DTP自体をご存知ではない方もいるかと思いますが、DTPとはざっくり印刷物に関する工程を指します。

グラフィックデザイナーとよく混同されますが、基本的にデザインは行わず、あくまで出来上がった制作物のデータ調整を行い、出力するまでをサポートするイメージです。

もちろん、デザインを行う方もいます。

特に出版関係の仕事では重宝される資格。

その他の資格について

その他の資格についても軽く紹介しておきます。

  • Webクリエイター能力認定試験(コーディング系)
  • Illustator®クリエイター能力検定試験(ツール系)
  • Photoshop®クリエイター能力検定試験(ツール系)
  • カラーコーディネーター試験(色彩系)
  • 色彩士検定(色彩系)
  • CG-ARTS検定(CG・画像処理系)
  • フォトマスター検定(写真系)
  • DTP検定(DTP系)
  • POP広告クリエイター(広告系)
  • プロダクトデザイン検定(プロダクト系)

上記資格は、それぞれ比較的名の知れた検定資格です。

より専門性の高い資格なので、ご自身の興味のあるものを受けてみるのが良いかと思います。

まとめ

ということで今回はデザイナーが取っておくと良い資格を激選して紹介しました。

特に色彩検定は、多くの人にとって役立つ資格だと思います。

ぜひ、チャレンジしてみて下さい!

created by Rinker
¥4,330 (2020/09/23 20:00:23時点 Amazon調べ-詳細)
デザイナーに向いている人の5つの特徴とよくある誤解