【無料】アフィリエイトが学べる!公式LINEマガジン

デザインの仕事を受注・発注できるクラウドソーシングを徹底比較

「デザインの仕事を依頼したいけど、どのクラウドソーシングを利用して良いか分からない…」

「デザインの仕事はどこで受注できるの?」

この記事ではこのようなお悩みに答えていきます。

クラウドソーシングのサービスは数多くあり、依頼する企業側、受注するデザイナーとしてもどのサイトを使うべきか迷ってしまいますよね。

そこで、今回はデザインの仕事をする上でおすすめのクラウドソーシングサイトをご紹介します。

補足
※クラウドソーシング
インターネットで不特定多数に仕事を発注・受注するサービス

企業がクラウドソーシングサイトで発注するメリット・デメリット

スピーディーな発注ができる

クラウドソーシングサイトではユーザー登録をしてすぐに仕事の発注ができます。

人気なクラウドソーシングサイトではフリーランスをはじめ、すぐに稼働できる人材が揃っているため、スピーディーな発注が可能です。

僕も以前に仕事で急にアンケート調査が必要になり、クラウドソーシングを利用してアンケート調査を発注しましたが、わずか1日足らずで目標とする調査を完了しました。

このスピード感はクラウドソーシングだからこそですね。

安価で仕事を依頼することが可能

クラウドソーシングではメディア記事の執筆発注から、Web開発といったプロジェクト単位の発注までありますが、どれも安く抑えようと思えばリーズナブルに抑えることができます。

クラウドソーシングの利用者はフリーランスだけでなく、副業としてやっている会社員や主婦の方などお小遣い稼ぎとしてやっている方もいらっしゃるので、スキマ時間でサクッとできるような依頼は比較的安価で受けてくれます。

もちろん、それ相応のクオリティーを求めるとなると単価を引き上げなければいけないので、その辺はうまくコントロールする必要がありますね。

システム手数料がかかってしまう

これは受注側も同じなのですが、クラウドソーシングを利用する際には手数料としてシステム手数料が報酬から差し引かれます。

報酬額の20%ということで妥当なパーセンテージですが、システム手数料がかかるのはデメリットとして挙げられるかなと。

とはいえ、SNSで地道に発注をかけるよりかは遥かにコスパは良いのではないでしょうか。

デザイナーがクラウドソーシングを利用するメリット・デメリット

案件数が多い

デザイナーがクラウドソーシングを利用するメリットとして大きいのが案件数の多さ。

クラウドソーシングは小さな仕事から大きい仕事まで様々な依頼が掲載されています。

今では企業の発注媒体としての認知も取れているので、いつサイトを訪れてもしっかり仕事を受けることができるので心強いです。

初心者でも取り組みやすい

前述の通り、クラウドソーシングでは大小問わず様々な仕事を受けることが可能です。

デザインの業務では、Webサイトデザインからバナー広告といった気軽に受けられるものまであり、駆け出しデザイナーの方でも小さな案件からスタートを切ることができます。

なお、単発案件も豊富なので応募ハードルも比較的低いはず。

単価が安い傾向がある

デザイナー側でデメリットとして、やや単価の安い仕事が多いという特徴があります。

サクッと案件を受けてお小遣いを稼ぐには最適ですが、継続的にしっかり収入を得るにはやや物足りなさはあるので注意が必要です。

デザイナー向けで単価の高い受注サイトはこちらの記事で紹介しています。

現役フリーランスデザイナーおすすめするエージェント7選

デザインの発注・受注におすすめのクラウドソーシングサイト

Lancers(ランサーズ)

最初にご紹介するのがこちらのランサーズ。

クラウドソーシングといえばこのサイトと言って過言ではありません。

ランサーズは2008年に創業されていて、日本のクラウドソーシングサイトで最も歴史があります。

また、仕事としてはデザインの案件は非常に多く、業界最多利用者数の10万社が毎日デザインの仕事を依頼しています。実際にはロゴ制作やイベントのポスター、名刺など幅が広く、既存のデザインのリファイン制作も見られます。

これからクラウドソーシングを始めるなら、ぜひ最初に登録して頂きたいクラウドソーシングサイトです。

クライアント向け!
デザイナー向け!

CrowdWorks(クラウドワークス)

続いてこちらのクラウドワークスは、先程のランサーズと同様で有名なクラウドソーシングサイトです。

扱うジャンルも広く、ロゴ制作をはじめデザインの仕事も沢山あります。全体的にランサーズと大差ありませんが、20万円以上の依頼はシステム利用料が無料になるという、メリットが一つあります。

これから大きな仕事を依頼したいという方はクラウドワークスが良いですし、大きな仕事に挑戦したいというデザイナーもこちらが良いでしょう。

クライアント・デザイナー向け!

Bizseek(ビズシーク)

ビスシークは比較的最近はじまったサービスで、2013年にサービス開始しています。

全体の会員数はこれまで紹介した他社より少ないですが、システム手数料が業界最安値です。

ランサーズ、クラウドワークスに次ぐサブ的な役割で利用するのがおすすめです。

クライアント・デザイナー向け!

coconala(ココナラ)

最後の紹介するのが、スキルを売り買いできるというコンセプトのココナラ。

厳密に言えばこれはクラウドソーシングではないのですが、しっかり依頼も受注することができます。このサイトは個人間での利用者が非常に多く、これまで紹介したサイトより高度な技術が必要とされません。

ですので、まだ自信のない方がちょっとしたお小遣い稼ぎでやるには十分です。

しっかり取り組めば、高収入を得ることもできます。

クライアント向け!
デザイナー向け!

デザインの仕事を発注・受注できるクラウドソーシングサイトのまとめ

選択肢としては以下の通り。

ぜひ、参考に発注・依頼をしてみてください!