【2018年版】デザイナーにおすすめの転職サイト・エージェントまとめ

Design

デザイナーのキャリアアップといえば、有効なのが転職です。

実際に転職先を探そうとなると必要なのが、転職サイトへの登録。

とはいえ、転職サイトも数多くあり、特徴も様々です。
今回はデザイナーで転職をお考えの方向けに、おすすめの転職サイト・エージェントをご紹介します。


【選ぶ前に】これは知っておこう!求人サイトの使い分け

大きく分けて求人サイトには2パターンあります。

大手総合求人サイト」と「特化型求人サイト」です。

大手総合求人サイトは幅広い分野と圧倒的な求人数が特徴で、大手のマイナビやリクナビといったサイトがこれにあたります。

特化型求人サイトは1つの分野、あるいは複数の分野に特化したサイトで、企業と就活生・転職希望者をしっかりマッチングできるといった特徴があります。

それぞれ扱う求人が違うというのと、多くのサイトが独占の求人情報を持っているため、基本的には「大手総合求人サイト+特化型求人サイト」といった複数の求人サイトに登録することをおすすめします。

チェックすべき大手総合求人サイト「リクナビNEXT」


大手ならではの圧倒的な求人数でデザイナーをはじめとするクリエイティブ業界の求人も多く掲載されています。

リクナビNEXTだけの未公開求人情報が非常に多いため、デザイナー向けの特化型求人サイトにはない求人があるので、できるだけしっかり目を通しておくと良いでしょう。

広告・マスコミ・Web業界を目指すなら「マスメディアン」


宣伝会議、ブレーン、広報会議などクリエイティブ・マーケティング関連の専門誌を発行している「宣伝会議」のグループ会社が運営するサイト。
広告、マスコミ、Webに特化した求人サイトで、求人数も多いです。

デザイナー向けの主な取り扱い職種としては次のようなものがあります。

インハウス(一般企業内)
広報・IR担当/宣伝担当/マーケティング担当/販売促進(SP)担当/Web担当/ブランドマネージャー/インハウスコピーライター/インハウスデザイナー/インハウスWebデザイナー
クリエイティブ
クリエイティブクリエイティブディレクター(CD)/アートディレクター(AD)/CMプランナー/コピーライター/グラフィクデザイナー/Webデザイナー
Web・デジタル
Web・デジタル営業・アカウントエグゼクティブ(AE)/Webコンサルタント/Webプランナー/データサイエンティスト/データアナリスト/Web広告運用担当/インフォメーションアーキテクト(AI)/Webプロデューサー/Webディレクター/Webデザイナー/コーダー/マークアップエンジニア/Web制作進行管理/Web編集者/コンテンツディレクター/Webライター/エンジニア
他にも出版業界、テレビ業界、映像業界と多数扱っているので、マスメディアンはまずチェックするべきサイトだと思います。

デザイン業界に本気で転職したいあなたは「シンアド」


広告業界をはじめとするデザイナーを中心としたクリエイターの転職に強みを持つサイトです。
こちらのシンアドでは美大出身、広告制作会社の出身などの業界についての知識があるキャリアアドバイザーがいます。

これから業界、職種の流れや、今後必要とされるスキルなど、より深い相談が出来るので本気でデザイン業界に転職したいとお考えの方にピッタリです。

公式サイトのトップページにあるように、全面的にバックアップしてくれるので、デザイン業界の転職が初めての方にもおすすめです。

キャリアを望ましいものにするには、転職は1つの方法となり得ます。

最初に断っておきますが、私たちは求人票をすぐには出しません。

求人の提案はあなたの毎日をワクワクさせることが何か分かってからです。(シンアド公式サイトより)

主な取り扱い職種
広告会社、広告制作会社、Web制作会社でデザイナー、Webデザイナー、アートディレクター、コピーライター、 CMプランナー、プロデューサーなどクリエイティブ系職種として勤務されている方

実際にキャリアアドバイザーの方と面談が出来ます。地方の方でも電話面談がありますので、まずはお気軽に相談してみるのが良いと思います。

フリーランス・独立をお考えの方へ「Crowdtech(クラウドテック)」


独立や、業務委託といったフリーランスとしてのキャリアスタートを支援してくれる求人サービス。
デザイン職、エンジニア職といったリモートワークができる職に強いです。

専属のキャリアサポーターが徹底支援してくれるので、安心です。

また、ケガや病気で、収入が途絶えてしまうリスクもサポートしてくれるので、フリーランスとしての不安要素は全て解決してくれます。

主な取扱い職種
エンジニア(SE)・プログラマ、デザイナー・クリエイター、カメラマン、編集・ライティング(ライター)、マーケティング・プロモーション、Webディレクター・プロデューサーなど

まとめ

転職するならチェックすべき大手
リクナビNEXT

広告・マスコミ・Web業界を目指すなら
マスメディアン

デザイン業界に本気で転職したいあなたは
シンアド
フリーランス・独立をお考えの方へ
クラウドテック

自分に合う転職サイトが見つからなかったあなた
Illustrator、Photoshopなど、自分のスキルを登録すれば企業からオファーのくるMIIDAS(ミーダス)もおすすめです。市場価値診断もできます。
 

関連記事 : 【転職】自分の市場価値を診断!MIIDAS(ミーダス)は試すべき