【初心者向け】独学でグラフィックデザイナーになるための3つの手順

こんにちは、フリーランスデザイナーの坂本です。

今回は独学でグラフィックデザインを学びたいという方に向けて、グラフィックデザイナーを目指す全ステップを詳しく解説していきます。

ぜひこの記事を参考に行動していただければと思います!

この記事で分かること

  • グラフィックデザインの勉強方法(全ステップ)
  • 実際に使ってよかったカリキュラムや書籍の紹介

独学でグラフィックデザイナーになれる?

そもそもグラフィックデザインを独学で学べるものかどうか知りたいという方もいるでしょう。

結論からいうと、独学でもグラフィックデザインはできるようになります。

ここでいうグラフィックデザインができるという定義は次のようなものを想定。

  • Illustrator、Photoshopを扱える
  • 自分で広告やロゴの制作ができる

Illustrator、Photoshopを扱える

グラフィックデザインの制作は基本的にAdobeの制作ツールを使って行います。

グラフィックデザインだとAdobeのIllustrator、Photoshopを使うことがほとんど。

この2つのツールが習得できれば、グラフィックデザイナーを名乗っても良いでしょう。

補足
IllustratorとPhotoshopの用途ですが、Illustratorはベクターデータと言われる拡大縮小しても劣化しないデータを作成するのに使います。例えば媒体ごとに拡大縮小を行うことが多いロゴデータ、イラストなど。対してPhotoshopはベクターデータでは表現しにくい写真データを扱うことができます。写真を切りぬいて素材として使ったり、写真データの明るさや色調の補正が可能。

グラフィックデザイナーという職業には特別な資格もありませんので、一定スキルを身に着けたらすぐにデザイナーとして仕事はスタートできます。

グラフィックデザインは学べる環境が豊富

独学でグラフィックデザインが学べる理由として、学べる情報が沢山あることが挙げられます。

特別グラフィックデザインに限った話ではないのですが、IllustratorやPhotoshopなどのツールや、デザインの基礎知識もインターネットで全て手に入ってしまいますので学べる環境、教材は既に整っています。

情報は手に入るので後はやるかやらないか、でしかないですね。

とはいえネットに無数に散らばる情報をもとに、具体的にどのような手順に学べば良いのかは分からないと思うので、僕がここで順序立てて解説してきます。

独学でグラフィックデザイナーになるためにやるべきこと

ロードマップとしては以下の通り。

① 本や動画でインプットする

② 実際にツールを使ってみる

③ 作品を作ってみる

全部で3ステップになっています。

基本として学習を効率よく進めるための教材(本や動画)を用意し、それに沿って進めるという形です。

ベースとなる教材を用意しないままスタートすると、情報を集める工数がかかってしまうので、なるべく体系的に学べる状態を作るのがベスト。

しかし、ここで注意したいのが本や動画のインプット、ツールの扱いに時間を使いすぎないことです。

デザインは実際に自分の手で作品を作りながらでないとスキルは身につきません。

時間配分だとこんなイメージです。(%で割合を示しています)

  • ① 本や動画でインプットする(5%)
  • ② 実際にツールを使ってみる(5%)
  • ③ 作品を作ってみる(45%)

見て分かる通り、インプットや操作系のキャッチアップに時間はかけずに、徹底的に作品作りにリソースを割いています。

実際に専門学校のカリキュラムもこのような感じで、基礎を学んだら後はひたすら作品を作ってフィードバックしつつ、改善しながらデザインを学んでいきます。

デザインは1回学んで終わりではない

少しここで補足ですが、基本的にデザインは1度学んだらできるというわけではないです。

厳密にいうと仕事としてやるなら学び続ける必要があるということ。

詳しく説明するとおさらいになりますが、グラフィックデザインができるという定義は一般的に以下の通り。

  • Illustrator、Photoshopを扱える
  • 自分で広告やロゴの制作ができる

しかし、仕事としてやるとなると追加で「クライアントの問題解決」が加わります。

  • Illustrator、Photoshopを扱える
  • 自分で広告やロゴの制作ができる
  • クライアントの問題をデザインで解決することができる

グラフィックデザインは単におしゃれに見栄え良くする仕事ではなく、本質はクライアントの問題解決です。

例えばバナー広告一つとっても、必ず背景には新商品の売上アップや認知獲得といった課題があり、それを解決する手段としてデザインが使われているに過ぎません。

となると、単に見栄えが良ければOKというわけではなく、トレンドを意識する必要もありますし、競合他社のデザインとの差別化などあらゆるスキルを求められます。

こうしたスキルは一朝一夕で身につくものではありませんし、市場は絶えず変化しトレンドも移り変わるので、常に学び続けて自分のデザインをアップデートしていく必要があります。

SNSを見ていると、本を数冊読んでクラウドソーシングで受注しただけでグラフィックデザイナーとして満足している人も見受けられます。もちろん初心者から独学でそこまで辿り着けるのは素晴らしいですが、そこで満足したら一気に市場価値のないデザイナーに成り下がってしまうので要注意。

①本や動画でインプットする(5h)

前述の通り、いきなりゼロベースの知識で作品を作ってもしょうがないので、本や動画で軽くインプットをします。

本でいうと必要最低限、読むべきなのは2冊あります。

1冊目 なるほどデザイン

初心者の方はまず「デザインとは何か?」という所から入るのが良いです。

こちらの「なるほどデザイン」は初めてデザインに触れる方にとっても、理解できるように作られているのでぜひ最初に読んでもらいたい一冊。

これを読むことでデザインについて視覚的に理解を深めることができます。

2冊目 ノンデザイナーズ・デザインブック

次に実際にデザインを本格的に学んでいきます。

読むべきなのはノンデザイナーズ・デザインブック。

何度もリニューアルされ、多くのデザイナーがバイブルとして愛読しているもので、デザインの基本原則について学ぶことが出来ます。

これを読めばデザインをする、というのは何を指し示すのかが分かり、完全素人の状態からは脱却できるでしょう。

created by Rinker
¥2,398 (2021/03/01 04:04:00時点 Amazon調べ-詳細)

最低限これだけ読んでおけばOKです。

あれこれ手を出すくらいなら、ノンデザイナーズ・デザインブックを何度も読むほうが有益です。

その他、初心者におすすめの本は以下の記事でも紹介しています。

現役デザイナーが教える!初心者におすすめのデザイン本【グラフィック&WEB】

②実際にツールを使ってみる

インプットしたら次は実際に手を動かして、ツールを覚えましょう。

グラフィックデザイナーになるにあたって必要なツールはIllustrator、Photoshopです。

中々理解しにくいのでもう一度説明しますが、それぞれの用途は以下。

・Illustrator…ロゴやレイアウトを行うツール

・Photoshop…写真を編集加工するツール

その他グラフィックデザイナーでページ物を作る際にはInDesignなんかも使いますが、初心者はひとまずこの2ツール使えればOKです。

ちなみにこれらのツールはAdobe社が提供しており、買い切りではなく定額のサブスクリプションモデルになっています。(毎月使用料を支払うモデル)

Illustrator、Photoshopといった具合にAdobeのツールを複数使う際にはCreative Cloudというパッケージプランに加入するとお得です。

created by Rinker
アドビシステムズ
¥72,336 (2021/03/01 20:08:22時点 Amazon調べ-詳細)

Amazonでも購入は可能ですが、いきなり年間払いの7万円は負担ですし、高すぎるので、ほぼ半額で購入できる方法を下記記事で解説しています。

まだ、ツールを揃えていない人は参考にするとお得に買えます!
【最新】Adobe CCを安く買う方法【最安値で買えます】

ツールを使ってみる

実際に手元にツールがある方はこれらを理解するようにしましょう。

  • レイヤー構造の理解
  • Photoshop(画像の切り抜き・基本的な明るさやコントラスト調整)
  • Illustrator(テキスト入力、パスツールで図形を書いてみる)

初めてだと難しいので関連書籍やUdemyで動画講座を見ながらやると良いです。

ちなみにツールの扱いは必要最低限で大丈夫です。

IllustratorやPhotoshopは機能がありすぎて一度では覚えられませんし、僕も5年以上使っていて未だに知らない機能に遭遇したりしますので。

ここでは必要最低限をキャッチアップできば十分です。
【最新】Illustratorの独学におすすめな本5選【最新】Photoshopの独学におすすめな本!勉強法も紹介

③作品をつくってみる

基本的なツールの扱いを理解したら、実際に自分で作品を制作してみましょう。

作品の制作は自分の名前のロゴや、架空の広告などを制作してみても良いかもしれません。

グラフィックデザインで仕事に繋げることも考えるとバナー広告の作成とか良いと思います。

実際に僕が仕事で作ったバナー広告です

バナー広告を作るメリットとして、IllustratorとPhotoshop両方使用するので学習効率が良く、仕事を受注する際にポートフォリオに組み込めるというものがあります。

なるべく素材が手に入りやすいバナーが良いので、例えば毎日使っている日用品や調味料なんかをスマホで撮影して、架空のバナーを作成するとかもおすすめ。

また、Pinterestでプロの作品を参考に、真似てみるのも一つの手です。

僕は最初の頃はひたすら、フリー素材を拾ってプロのコラージュ作品を真似して制作していました。

デザインを学び始めて1~2ヶ月目に制作したもの

実際にデザインでお金を稼ごう(補足)

ひたすらオリジナル作品を制作しても良いのですが、どうせなら実際に仕事としてお金を稼ぎたいですよね。

ある程度、作品が溜まったら仕事を受けてみましょう。

自分なんてお金をもらえるレベルではない、なんて思わずに出来そうな案件をクラウドソーシングから見つけて、やってみるべきです。

僕はWEBのバナー広告をひたすら受けていました。個人的にはBizseekというサイトがおすすめ。デザイナー向けの案件が沢山あります!

Bizseek(ビズシーク)

評価
手数料非公開(約20%)
支払い当月末締め翌月15日払い
サポート健康サポート・家事代行など(全100種類以上のサポートあり)
無料登録!

この辺りのサービスで実際に仕事をもらって経験を積みましょう。

学生や主婦の方も利用されているので、気軽にできますよ。

独学でグラフィックデザイナーになるためにやるべきことは3つ【まとめ】

ここまでデザインを学ぶプロセスをご紹介してきました。

今回の記事のポイントです。

ポイント
  • ①本や動画でインプットする
  • ②実際にツールを使ってみる
  • ③作品をつくってみる

未経験だと色々不安だと思います。

ぜひ今日から、自分の小さなことから少しずつ始めることをおすすめします!

【合わせて読みたい】デザイン関連記事

デザインの仕事を受注・発注できるクラウドソーシングを徹底比較【最新】現役デザイナーがおすすめする転職サイト・エージェント5選 現役デザイナーが教える!初心者におすすめのデザイン本【グラフィック&WEB】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。