【最新】東京のWebデザインスクールを徹底比較!現役デザイナーが解説します

こんにちは、フリーランスデザイナーとして仕事をしています坂本です。

今回は東京のWebデザインスクールを紹介ということで、料金やカリキュラム内容など、現役デザイナー目線で比較をしていきます。

ぜひ参考にしていただければ幸いです。

東京でおすすめのWebデザインスクール

今回紹介するのはこちらの5社。

会員数が多く運営元がしっかりしていて、カリキュラムも充実しており、サポート体制が整っている会社をピックアップしました。

  • Code Camp
  • Tech Academy
  • テックキャンプ
  • デジタルハリウッドSTUDIO by LIG
  • KENスクール

先に結論を知りたい方に向けて言っておくと、オンラインであればCode Camp(Webサイトデザイン)Tech Academy(アプリデザイン)がおすすめ。

オフラインでの教室は、コスパを考えればテックキャンプ(プログラミング教養)が1番良いかなと思います。(学習時間に対しての費用が安い)

就職・転職を目指すのであれば転職保証があるテックキャンプ(デザイナー転職)が有力です。

もちろん人それぞれ合う合わないはありますので、気になるスクールは無料カウンセリングや説明会に参加することをおすすめします。

【オンライン】Webサイトのデザインを学ぶなら「Code Camp」

最初におすすめしたいのがCode Camp。

知名度もあり、プログラミング学習ができるスクールとして有名ですが、Webデザインもしっかりサポートしてくれています。

Code Campの魅力はなんといっても完全オンラインで学べて、専属のパーソナルメンターがつくところです。

オンラインならではのスキマ時間を利用した学習は社会人や主婦の方であっても便利ですし、専属のメンターがいることで挫折せずに学習を続けることが可能に。

実際に学習できるものは以下の通り。

課題例(学べるもの)

・観光情報サイトの作成
・カフェのホームページの作成
・写真加工・バナー・ロゴ制作
・レスポンシブ対応のWebデザイン

お気づきかと思いますが、Code CampではWebサイトに特化したデザインを学ぶのに最適です。

UI/UXデザインといったアプリのデザインについては、この後に紹介するTech Academyがおすすめ。

詳しい料金や口コミについてはこちらの記事で紹介しています。

【現役デザイナーが厳選】Webデザインが学べるおすすめスクールはこの2社です【オンライン】

TRY NOW

CodeCamp無料体験はこちら

【オンライン】アプリのデザインを学ぶなら「Tech Academy」

先程のCode CampがWebサイトのカリキュラムなのに対して、Tech AcademyではUI/UXデザインのカリキュラムがあるのが特徴。

Webサイト制作についてのカリキュラムもあるので、幅広いデザインを学ぶなら非常に魅力的なスクールですね。

Webデザインコースで学べるもの
・レイアウト・配色・タイポグラフィ、Webデザイン原則
HTML/CSSの理解とコーディングスキル
・画像加工・ワイヤーフレーム・Git/GitHubの理解
・モバイルデザインの理解とレスポンシブデザイン対応
JavaScriptライブラリ・Sass/Compassによる効率的な制作
・オリジナルWebサイトのデザインスキル

UI / UXデザインコースで学べるもの
・Sketchを使ったワイヤーフレームとデザインスキル
・Photoshopでの画像加工
・プロトタイプの作成
・ペルソナ・カスタマージャーニーマップの作成
・iPhone・Androidそれぞれのデザインガイドラインの理解
・ユーザビリティを意識したアプリデザインのスキル

そして、こちらのスクールも完全オンラインで、自宅からどんな場所でも好きなときに学習を進めることができます。

オンラインでアプリのデザインを学ぶなら現状、TechAcademy一択ですね。

詳しい料金や口コミについてはこちらの記事で紹介しています。

【現役デザイナーが厳選】Webデザインが学べるおすすめスクールはこの2社です【オンライン】

TRY NOW

Tech Academy無料体験はこちら

【東京】テックキャンプ(プログラミング教養)

続いてテックキャンプというスクールで、オンラインでも学習できますが、実際に教室に足を運んで直接受講することもできます。

テックキャンプの魅力はやはり月額19,800円 (初月無料)で学習できるというコスパの良さにあります。

カリキュラム内容を見ても、基本的なデザインの知識から実際にワークフレーム制作技術などの実用的なものまで、網羅しているので十分です。

学べるスキル
・どんなデザインにも必須となる基本的なルールとテクニックを理解できる
・Webサイトを美しくデザインするワイヤーフレーム制作技術
・Illustratorを使ったロゴ・ポスターなどの制作技術
・PhotoShopを使った画像加工の技術

10秒で登録完了!

TECH::CAMPオンライン説明会

テックキャンプで転職を目指すなら「デザイナー転職」

そしてテックキャンプでは「デザイナー転職」という、転職を目指したコースもあります。

このコースでは、未経験からの転職をゴールとし、卒業後に転職ができなければ全額返金という保証付き。

先程のプログラミング教養のコースでは、60時間ほどの学習時間を想定していますが、こちらは600時間。

本気でデザイナーになりたい方向けですね。

学べるスキル
・デザインの基本原則
・コンセプト設計
・Illustrator
・Photoshop
・Webサイトのデザイン
・フロントエンド開発

料金プラン

プログラミング教養コース 月19,800円 

デザイナー転職コース 月35,000円

10秒で登録完了!

TECH::CAMPの無料カウンセリング

【東京】デジタルハリウッドSTUDIO by LIG

上野・池袋に教室を構える「デジタルハリウッドSTUDIO by LIG」

有名なWeb制作会社LIGが開講しており、現役のプロに直接教えてもらえるという非常に良い環境。

卒業後には就職・転職サポートもあり、そのままLIGに入社する人も多いようです。

カリキュラムについてはかなり充実していて、IllustratorやPhotoshopといったツールの扱いから、コーディングまでできるようになるので、現場でもすぐに通用するスキルが身につきます。

最初の3ヶ月はインプット、後半の3ヶ月はアウトプットといったスケジュールになっており、就職・転職活動で必要なポートフォリオ(作品集)も作成できるので、無駄なのない洗練された内容になっていますね。

学べるスキル
・illustrator
・Photoshop
・Dreamweaver
・AdobeXD
・HTML・CSS
・Javascript

料金プラン

Webデザイナー専攻(6ヶ月)450,000円

Webデザイナー専攻 WordPress講座 528,000円

TRY NOW

デジタルハリウッド STUDIO by LIG

【東京】KENスクール

今回紹介するスクールの中で最も歴史のあるスクール「KENスクール」

東京では新宿、池袋、北千住に教室があり、インストラクターが個別指導するサポート体制が整っています。

フリータイム制で校舎を開放しているので、学習環境も思う存分使うことが可能。

カリキュラム内容は基本ツールからコーディングまでカバーしており、必要最低限のスキルを最短で学習するというコンセプトですね。

学べるスキル(ツール)
・Photoshop
・Illustrator
・HTML5
・CSS3
・JavaScript

料金プラン

週1プラン 月額12,000円
週2プラン 月額23,000円

カウンセリングもできます!

KENスクール無料体験はこちら

どれを選ぶ?東京のWebデザインスクールを比較してみる

料金で選ぶ

スクール 料金(1ヶ月あたり)
TechAcademy 149,000
デジタルハリウッドSTUDIO by LIG 75,000
Code Camp 74,800
テックキャンプ(デザイナー転職) 35,000
テックキャンプ(プログラミング教養) 19,800
KENスクール 12,000

料金ではかなり開きがありますが、これは「転職サポートの有無」が大きいです。

スキルだけ学ぶことができれば良いという方は、テックキャンプ(プログラミング教養)Code Campが、料金に対しての学習時間が多く、コスパが良いかと思われます。

目的で選ぶ

就職・転職をしたいあなたにおすすめなのは、テックキャンプ(デザイナー転職)デジタルハリウッドSTUDIO by LIGがおすすめ。

転職保証つきだったり、現役プロのサポートがある点でも他のスクールに比べてカリキュラムはしっかりしています。

【まとめ】東京でおすすめのWebデザインスクール

以上が東京でおすすめのWebデザインスクールの紹介でした。

どのスクールも無料説明会などを行っているので、気になるものは申し込んで話を聞いてみることをおすすめします。

オンライン開催ですぐに参加できますよ。

ぜひ、参考にして頂ければと思います!

【現役デザイナーが厳選】Webデザインが学べるおすすめスクールはこの2社です【オンライン】