【無料あり】デザイン制作に必要なツールをプロが紹介する

今回はこれからデザインを始めようと思っているが、どんなツールがあるのか分からないという方に向けて、デザイン制作に必要なツールを現役デザイナーである僕が紹介していきます。

無料のものから有料のツールまでありますので、ぜひ参考にして頂ければと思います。

プロである僕が使っているデザイン制作ツール

最初にプロがどんなツールを使っているのか、実際に僕が仕事で使っているものを紹介します。

僕はこの3つのツールしか使いません。

  • Adobe Illustrator(ロゴの制作やレイアウトなど)
  • Adobe Photoshop(写真素材の加工など)
  • Figma(Webサイトの制作)

グラフィック系(印刷物やバナー等)の仕事で使っているツール

グラフィックデザインで使用するAdobe製のIllustrator、Photoshop。

デザイン業界では定番のソフトで、IllustratorとPhotoshopが使えれば、とりあえずデザイナーみたいなところあります。

これら2つのソフトは定額制の有料ソフト。AmazonだとIllustratorとPhotoshopのセットが1年分、約5万円で購入できます。

created by Rinker
アドビシステムズ
¥49,704 (2020/10/27 19:18:46時点 Amazon調べ-詳細)

僕はデザイン制作以外に映像制作なんかもやるので、Adobeの製品が使い放題のAdobe Creative Cloudに加入して使っていますね。

created by Rinker
アドビシステムズ
¥72,336 (2020/10/27 19:18:47時点 Amazon調べ-詳細)
【最安値】Adobe CCを安く買う方法を教えます【学生から社会人までOK】

グラフィック系のデザイナーはおそらく多くがこのパターン。昔は10万円以上したソフトも今では1ヶ月、5000円ほどまで価格が下がっているので、これでも安くなったほうなんですよ。

Web系(UI/UX)の仕事で使っているツール

そしてあまり受けている仕事的に使用頻度は少ないのですが、FigmaというWeb向けのツールを使っています。

いわゆるアプリやWebサイトのデザインをするものですね。

Adobe XDを使うという手もあるのですが、契約継続中のクライアントがFigmaなので、僕もそれに合わせてFigmaを使っています。

完全に個人で使用する分には無料でつかえるのですが、チームで使えないので、仕事になると自ずと課金する必要があります。

15ドルなので、だいたい月1500円ぐらいです。

Figma 公式サイト

グラフィックデザイン向けの制作ツール

ここからはグラフィックデザインをする上で役立つツールを無料、有料と合わせてご紹介。

【無料】Canva

Canvaはオーストラリア発のデザイン制作ツールで、かなり初心者向けに最適化されています。

というのも、数多くのテンプレートが用意されており、基本的にはそのテンプレートをベースに制作していく形です。

テンプレートは無料のものもありますが、有料のものもあるので、ここで課金が発生。無料テンプレートだけ使っていれば完全無料です。

Canvaではポスターやチラシ、名刺や簡単なサムネイルをサクッと作れてしまいます。

あくまでテンプレートなので、自由度が高いかと言われれば微妙なところなので、非デザイナーがデザインをする際にベストなツールかなと。

Canva 公式サイト

【有料】Adobe Illustrator

先程、僕の使用ツールとして紹介したIllustrator。

これからデザイナーを目指すのであれば、このツール。

デザイン業界で最も普及しているツールで、世の中の印刷物は大体これを使って制作されています。

Adobe Illustrator

Illustratorを独学で習得するためにやるべきこと【僕も実践済みです】

【有料】Adobe Photoshop

こちらも紹介しましたAdobe Photoshop。

主に写真の編集加工をするもの。

グラフィックデザインでは写真をよく使用するので、トリミング(切り抜き)や色の調整、コラージュなどで使います。

同じAdobe製のIllustratorとセットで使うことが多いです。定番。

Adobe Photoshop

独学でPhotoshopを身につける方法をプロが解説【最短おすすめ勉強法】

Webデザイン向けの制作ツール

【有料】Sketch

UI / UXデザインの定番ソフトであるSketch。

Macのみ対応なのですが、Webデザイナーであれば多くの方がSketchを使っていますね。

Adobe XD(Adobeから出ているUI / UXデザインのツール)よりも価格が安く、数多くのプラグインで作業効率化できるのが魅力です。

Sketch

【有料】Adobe XD

こちらはAdobeから出ているUI / UXデザイン向けのツール。

Sketchのライバル的な位置づけで、よく比較されがち。

単体プランで月額1000円程度でリーズナブル。

個人的にはIllustratorやPhotoshopを使っているのであれば、同じAdobe同士、素材の受け渡しなどで便利。

Creative Cloudに加入してまとめて使い放題の方が安く済みます。

また、プレビュー機能が最強で、コーディング作業の前に完成形を実際に動かしながら確認することができます。

Creative Cloud

【有料】Figma

これも僕が使用しているツールとして紹介しましたFigma。

最大の特徴はブラウザ上で動くということ。

チームで同じ画面上で作業をすることが可能で、サクサク動いて使い勝手は良いです。

チームで制作するならベストな選択です。

Figma 公式サイト

【まとめ】結局どれを選べば良いの?

  • グラフィックデザイン…Illustrator、Photoshop
  • Webデザイン(個人)…SketchかAdobe XDのどちらか
  • Webデザイン(チーム)…Figma

グラフィックデザインであれば、IllustratorとPhotoshop。

Webデザインであれば、個人で使うならSketchとAdobe XDの好きな方を選べば良し。

個人的にはIllustratorやPhotoshopを使う予定があるのであれば、Adobe XDを選んで、Creative Cloudに加入してしまえば、全部まとめて安く使えます。月額5000円程度。

既にチームでの制作をしていて、ツールを導入したいのであればFigmaが良し。

こんなところですかね。

もちろん使っていく上で、なんか違うなと感じれば別のツールを使えば良いので、ここで生涯付き合うパートナーを選ぼうと悩まなくて大丈夫ですよ。

意外とツールの機能は似たりよったりなので、万が一の移行する際の学習コストもあまり高くはありません。

どんなツール使おうが、最終的に良いデザインができれば良いのです。

created by Rinker
アドビシステムズ
¥72,336 (2020/10/27 19:18:47時点 Amazon調べ-詳細)

【補足】グラフィックデザイナーであればプリンターがあると良い

現役フリーランスデザイナーがおすすめするプリンター3選 現役フリーランスデザイナーが使っているサービス・ツールを全紹介