現役フリーランスデザイナーがおすすめするプリンター3選

こんにちは、フリーランスデザイナーとして仕事をしています坂本です。

今回はデザイナーであれば必要になってくるプリンター・スキャナーについておすすめの物をご紹介。

僕自身、デザイナーでありながらガジェット好きとして、当ブログでは記事を書いているので、参考になるかと思います!

デザイナーにとって良いプリンターとは

今回のプリンタ選定において、以下のポイントに該当するものを選んでいます。

  • スキャナー付きであること
  • インク代が比較的安い
  • Wi-Fi(無線LAN)対応
  • 静音性高め

ちなみにプリンターにはインクジェットとレザーという2種類の違いがあります。

  • インクジェットは家庭用で、高解像の印刷が可能。印刷スピードが遅い
  • レザーは主にビジネス用途。印刷スピードが早いが価格が高い

フリーランスデザイナーなので、ビジネス用途ではあるのですが、インクジェットが数万円で購入できるのに対し、レザープリンターは10万円近くするので、今回はインクジェットプリンターのみ紹介します。

ランニングコストの面からもインクジェットがベスト。レザーは膨大な量の印刷が可能ですが、デザイナーの用途してはオーバースペックです。

デザイナーにおすすめのプリンター(複合機)

【A3対応で不満点はなし】Canon TR9530 

A3対応、名刺サイズの印刷も可能なプリンター。

前述のポイントをすべて満たし、ADFという自動原稿送り装置も搭載。

複数の書類をまとめてスキャンできるので、時短にもなる機能ですね。

インクタンクも独立型なので、1色ずつ交換できてコストも抑えられますし、大きな不満点はない良いプリンターです。

とりあえずこれを買っておけば間違いといえるハイスペックモデル。

本体価格が3万円台とやや高めですが、評価も良いプリンターです。

created by Rinker
キヤノン
¥37,184 (2020/10/27 23:09:40時点 Amazon調べ-詳細)

【1万円台の低価格モデル】エプソン EW-452A

Canon TR9530が高くて手がでない…という方には、エプソンのEW-452Aがおすすめ。

A4までの対応で、必要最低限の機能を備えたモデルです。

基本性能では十分使えるレベルではありますが、先程のCanon TR9530と比較すると、液晶のサイズが小さくてややインタフェース的にも使いづらい部分があったり、インクが4色でやや鮮やかに物足りなさはあります。

ですが、本体価格が1万円と価格は魅力的。

【Windowsならベストバイ】Canon G3310

続いては、CanonのG3310というプリンター。

やはりプリンター選びで大事なのがランニングコスト。インク代ですね。

このインク代ですが、大容量であればあるほど、コスパが良く、ランニングコストも低く抑えられます。

このG3310というプリンターは特大容量タンクを謳っており、コスパがめちゃくちゃ良い。

一般的なモノクロ印刷が1枚あたりのコストが6.5円なのに対し、0.3円と圧倒的に安く、大容量なのでインク交換の頻度も少ないです。

ただし、Windowsのみの対応で、mac OSは非対応。

お使いのパソコンがWindowsであれば検討してみても良いでしょう。

【まとめ】フリーランスデザイナーがおすすめするプリンター

予算別にまとめると以下の通り。

中には数千円で購入できるものも存在しますが、スペック的にやや不満が多く、良いものはほとんどないので、このあたりの価格帯で選ぶのが良いと思います。

ぜひ参考になれば幸いです。

created by Rinker
キヤノン
¥37,184 (2020/10/27 23:09:40時点 Amazon調べ-詳細)
現役フリーランスデザイナーが使っているサービス・ツールを全紹介