【解決策あり】グラフィックデザイナーの給料が安い理由とは

こんにちは、フリーランスデザイナーの坂本です。

今回はグラフィックデザイナーの給料が安い理由について解説しつつ、解決策についても提示していきます。

現在グラフィックデザイナーとして仕事をしているが、給料が安すぎて辛い…という人の参考になればと思います。

グラフィックデザイナーの給料

転職サイトのDodaによると、グラフィックデザイナーの平均年収は335万円となっています。(男性377万円、女性314万円)

日本の平均年収が436万円ですから、全体から約100万円も低い水準です。

ちなみにこれがWebデザイナーだと少し高く、平均年収は347万円。(男性391万円、女性327万円)

とはいえ、どちらも平均を大きく下回っています。

なぜそんな事になってしまっているのか、主な理由をあげます。

グラフィックデザイナーの給料が安い理由

デザイナーは立場が弱い

まず日本はデザイナーの立場が非常に弱いです。

海外ではCDO(Chief Design Officer)というCEOやCTOに並ぶ役職も多くありますが、日本ではまだまだそのような役職は多くありません。

つまり、企業側がデザインに対してまだまだ理解がないのです。

制作会社で仕事をしているグラフィックデザイナーが、デザインに理解のないクライアントに苦しめられる話はあるあるですが、こうした背景もありデザイナーはまだまだ立場が弱かったりします。

なぜデザインは理解されないのか

ちなみに何故デザインが理解されないのかという要因はいくつあり、具体的に下記のようなものがあります。

  • 正解がない
  • 数値的なインパクトが測りにくい

そもそもデザインには正解がありません。

どうしても最終的な判断は感覚値によるところが大きく、事実コンペでもデザインがそこそこでも説得力のあるプレゼンが良ければOKになってしまいます。

その上、数値的なインパクトが測りにくいというものも。

会社経営において数字は重要な指標です。売上だったり、広告費用だったりとありますが、デザインはどうしても数値に落とし込みにくいです。

例えばリアルプロダクトにおいて、パッケージをAデザインからBデザインに変更した際に売上が大幅に伸びたとしても、果たしてデザイン本来の力がどれだけ影響したかは測定できません。

デザインも良かったが、新規のプロモーション戦略が良かったのかもしれませんし、ありとあらゆる要因があげられ、結局デザインってどれくらい良かったんだっけ?という話にもなってしまいます。

もちろん、これはあくあで一例ですが、実際このような感覚を持っている経営者も多く、なかなかデザイナーの立場は向上しません。

供給過多による価格競争

グラフィックデザインはパソコン1台で始めることができ、学習コストも事業としての参入コストも低いです。

その結果、デザイナー人口は増え、需要と供給バランスが崩壊しつつあります。

供給過多による価格競争が激化し、他社よりも安くしますといった売り込みになり、クラウドソーシングでもグラフィックデザイナーが安く買い叩かれている現状があるわけです。

グラフィックデザイナーの安売り

個人的には多くのグラフィックデザイナーが自分の市場価値を理解せずに安売りしてしまっている現状もあると思います。

例えばイラストレーターや漫画家といったクリエイティブ系の職種に見られる傾向として、「好きな仕事ができているからお金は気にしない」といった考えがありますよね。

このような安売りしてしまうような状況から業界全体での低価格化に繋がるとも思っています。

給料の安いグラフィックデザイナーがやるべきこと

ここからは解決策になるわけですが、給料の安いグラフィックデザイナーが取れる選択肢は3つです。

・スキルを身に着けて転職

・副業

・独立

スキルを身に着けて転職

一番手っ取り早いのが、転職です。

ただここで注意しなければいけないのが、自分の会社だけが給料が安いというわけではないこと。

グラフィックデザイナーという職種自体、平均年収からみても給料は高くないです。

つまり、今の会社から別の会社に移った所で給料が一気に上がることは考えにくいです。

転職に際して今のまま転職するのでは、対して待遇は変わらないので必ず別スキルを習得して、それをかけ合わせて転職する方が良いでしょう。

例としては以下のようなもの。

  • グラフィックデザイン×Webデザイン
  • グラフィックデザイン×マーケティング
  • グラフィックデザイン×イラスト

こうした別の付加価値をつけることで、グラフィックデザインだけができる人材とは差別化できるので、付随して市場価値も上がり給料も高くなります。

実際に市場価値が上がりやすいスキルも下記記事で紹介しています。

デザイナーのスキルアップって何がある?転職にも有効なスキルとは

副業

続いて副業。

ポイントとしては資産性の高い事業をやることです。

例えばここで週末の時間をクラウドソーシングでのバナー広告作成という副業を始めたとします。

結局それは通常の業務とやっていることは変わらなく、実質労働時間が増えただけです。

短期的に収入を増やすならそれでも良いですが、中長期で収入を増やすならNG。

ここでやるべきなのは、ストック型でやればやるほど売上が上がる副業。

例えばブログ・アフィリエイトだったり、YouTubeといったコンテンツ発信や、グラフィックデザイナーならPhotoshopブラシの販売、Illustratorの素材販売とかでも良いですね。

こうした単に自分の時間で稼ぐのではなく、スキルを活かした商品を作って販売する方が資産性も高く、副業としてやる価値が出てきます。

僕もフリーランスデザイナーとして仕事をしていますが、デザイン製作より売上を叩き出しているのがブログです。

フリーランスデザイナーがブログをやるべき5つの理由【実践結果あり】 【実践済み】デザイナーの副業・複業におすすめのサイト【最高月50万円以上】

独立

そして最後になりますが、独立ですね。

これは起業でも良いですし、フリーランスとして仕事するだけでも独立です。

独立するメリットは色々ありますが、収入に関していうと会社に成果が帰属しないので、やればやるだけ丸々自分の利益になります。

フリーランスになると収入が2倍になったという話がよくありますが、会社では毎月安定的な固定給が支払われる代わりに収入に上限があります。

独立するとこの上限がなくなるので、独立して収入が増える人が出てくるわけですね。

僕もフリーランスとして独立していますが、収入の保証こそないものの完全成果型で収入が入りますし、ストレスフリーで仕事は楽しいですね。

【スケジュール公開】フリーランスデザイナーの1日の流れ【これがリアルです】

【まとめ】グラフィックデザイナーの給料が安い理由

今回の記事のポイントです。

グラフィックデザイナーの給料はなぜ安い?
  • 日本のデザイナーは立場が弱い
  • 供給過多による価格競争
  • デザイナーによる安売り

こうした問題の解決策が以下。

  • スキルを身に着けて転職
  • 副業
  • 独立

詳しはこちらも記事でも紹介しています!

稼げないグラフィックデザイナーが稼ぐために実践すべき5つのこと