【プロ解説】デザイナーにおすすめのパソコンは?必要なスペックについて解説

こんにちは、フリーランスデザイナーとして仕事をしています坂本です。

今回はこれからデザイナーを目指すにあたって、パソコンを検討されている方に向けて、おすすめのパソコンと選び方について解説していきます。

デザイナーに最適なパソコンの選び方

パソコンの選び方としては、Adobeの推奨環境を基準にすると良いです。

Adobeというのは、IllustratorやPhotoshopといった多くのデザイナーが愛用しているツールを提供している会社。

基本的にデザイナーが使用するツールの大部分がAdobe社のものですし、これを読んでいるあなたもおそらくAdobeの制作ツールを使うことになります。

詳しい推奨環境についてはAdobeのサイトを確認頂ければと思います。

とはいえ、あまりにも専門用語が多く、パソコンに詳しい方でないとわからないと思いますので、ここからは少し噛み砕いてスペックについて解説。

必要スペックについて分かりやすく解説

現役デザイナーがおすすめする重要スペック
  • CPU intel Core i7
  • メモリ 16GB
  • ハードディスク 500GB以上
  • OSはなるべく最新のものを(MacでもWindowsでも可)

スペックについてよく分からないという方でも、上記4つのポイントは抑えて頂きたいです。

CPU

CPUというのは、ハードウェアからソフトウェアまで、パソコンの全てを処理してくれるパーツ。

人の体でいうと、脳といっても良いほど、パソコンの各機能に大きな影響を与える部分です。

そんなCPUですが、intel(インテル)というメーカーが有名で、市販のパソコンの多くがintelのCPUを搭載しています。

みなさんが迫られる選択肢としては、Core i7, Core i5, Core i3の3つが主です。

おすすめはCore i7という世代で、そのまま「intel Core i7」という表記でスペック表には掲載されています。

Core i7であれば、デザインの作業はスムーズに処理できるので問題ないです。

どうしても金額的にコストダウンしたいのであれば、Core i5ですね。

メモリ

続いてこちらメモリ。先に言っておきますが、これケチるとデザイナーは結構ストレス溜まります。

メモリとはいわゆる記憶装置のことで、作業机という例えが分かりやすいかと思います。

デザイナーの制作では、IllustratorやPhotoshopといったメモリを多く消費するツールを扱いますし、実際の仕事になると並行してブラウザーで素材を探したりと、同時進行でする作業が多いです。

ですので、デザイナーの作業机は大きいほうが良いということで、メモリは比較的余裕のあるスペックにしましょう。

選択肢としては、16GBのメモリがベストです。

8GBだと少なすぎますし、32GBだと多すぎるので、16GBが最もデザイナーにはふさわしいと思います。

ハードディスク

続いてはハードディスク。

メモリ同じ単位なので混同しやすいですが、メモリが作業机なのに対し、ハードディスクは保管庫です。

ハードディスクの容量が多ければ多いほど、沢山のデータを保存できます。

おすすめは500GB以上で、余裕があれば1TB。

500GBあればとりあえず、Adobeのアプリケーションなども動かしつつ、データもある程度保存できます。

また、最近ではクラウドストレージという、オンライン(クラウド)上にデータを保存できるサービスもあるので、足りなくなったらクラウドストレージを使うという選択肢もあります。

ちなみに僕は、3TBの外付けのHDDを使用中。

G-Technologyの外付けHDDを購入!Macとの相性バッチリ【G-DRIVE USB 6TB】

OS

続いてOS、パソコンのベースとなるソフトウェアで、WindowsとかMacとかそういうものです。

OSについて少しポイントがあって、なるべく最新のものを選ぶようにしましょう。(中古のパソコンとか、あまりにも古いものを購入しない限りは大丈夫です。)

WindowsであればWindows7よりも8を、8よりも10をといった具合に、リリースが新しいものを選んでおくと、最新のデザインツールが扱えます。

MacかWindowsか問題

さきほどOSについて触れましたが、MacかWindowsなのかという、全パソコンユーザーの永遠のテーマがあります。

結論ですが、これ本当にどちらでも大丈夫です。

デザイナーだとMacを使っている人が多いですが、これには歴史上の理由があります。

その理由とは、Webがまだ普及しておらず、パソコンを使ってやるデザインがあまり一般的でなかったころ、印刷業界で使われていたソフトがMacだけに対応していたからです。

もちろんその他にも、フォントにこだわりを持っているApple社のMacのほうが綺麗だからとか、ディスプレイが鮮明だからとかありますが、一番大きな理由はこの印刷業界で使われてたから、というもの。

結果的に印刷業界を相手に仕事をするデザイナーも、Macを使わざるをえなくなり、爆発的に「デザイナー=Mac」というイメージが広まったのです。

現在はMacでもWindowsでも制作ツールに大きな差はありませんし、好みで選んでOK。

こだわりがなければMacがおすすめです。多くのデザイナーがMacということで、同じOSであれば、データの受け渡しのトラブルも少なく、コミュニケーションも取りやすいかと。

ノートかデスクトップか

パソコンにはノート型とデスクトップ型の2つがあります。

外出先でも作業をしたいのであればにはノートパソコンがおすすめ。

肌感覚ですが、フリーランスなど自宅で仕事をする人や、社内用パソコンがすでに用意されている人なんかはデスクトップを自宅で使うケースが多いですね。

ちなみにノートパソコンを選択した場合でも、別途ディスプレイを購入すれば、デスクトップのような形で作業ができます。

僕の作業環境は写真のように、MacBookをディスプレイに繋いだデュアルディスプレイです。(MacBookを閉じても使えるので、デスクトップ化できる)

デザイナーにおすすめなパソコン

MacBook Pro(Apple)

僕もメイン機として使っており、多くのデザイナーが愛用するMacBook Pro。Amazonでも売っています。

デザインはもちろん、映像編集なんかもこなせます。

今回僕があげたスペック全て満たしており、間違いない選択肢です。

【プロが解説】デザイナーにおすすめのモニター・液晶ディスプレイ