【大手】有名デザイン会社・事務所をデザイナーが徹底解説

デザイナー向けの転職サイト・エージェント

当サイトから登録の多いサイト・エージェントは以下です。

【1位】レバテックキャリア(大手転職エージェント)
【2位】マスメディアン(広告・マスコミ・Web業界に特化)
【3位】リクナビNEXT(転職するならチェックすべき大手)

※各サイトに飛びます

こんにちは、フリーランスデザイナーをしています坂本です。

今回は有名デザイン会社・事務所についての紹介。

これからデザイナーを目指すという方であれば、ぜひとも知っておきたい会社です。

就職・転職活動に役立てて頂ければ幸いです!

大手デザイン会社(広告代理店)

最初にご紹介するのが大手広告代理店。 広告業界は、電通、博報堂、ADKの3社が有名です。

総合広告代理店の中ではトップクラスの売上を誇り、広告業界を牽引する存在。

広告代理店① 電通

電通グループは日本最大手の広告代理店。

1901年創業で、かなり歴史のある企業。 特にテレビやラジオといったマス広告と繋がりが強く、手掛けるプロジェクトも大規模なものが多いです。

社風はよく「体育会系」と称され、近年の労働環境に関する問題が注視されたりしました。

日本トップクラスの案件に携わりたいのであれば、ぜひとも視野にいれたい広告代理店。

広告代理店② 博報堂

お次は博報堂

こちらも電通に次いで、広告業界でも大きな存在です。

博報堂出身のデザイナーは数多く、佐藤可士和や長嶋りかこなど、現在活躍する人気クリエイターを数多く輩出していることでも知られます。

【知っておくべき】日本の有名なグラフィックデザイナーまとめ

とにかくクリエイティブに強く、国内の広告賞を総なめにしていますね。

広告代理店③ ADK

3社目はADK(旧 株式会社アサツー ディ・ケイ) ADKといえば、やはりアニメでしょうか。

コンテンツビジネスとして力を入れたアニメが有名で、ドラえもんやクレヨンしんちゃん、ワンピースなど、国民的アニメに関わっています。

こうした強力なコンテンツから派生したグッズ商品やタイアップの仕事が多くあります。

大手デザイン会社(インターネット広告)

ここまで紹介した企業は、従来から人気の総合広告代理店。

しかし、近年ではインターネットの普及で、ネット広告に特化した企業も数多くあります。

インターネット広告最大手のサイバーエージェントも知っておきたいところ。

インターネット広告① サイバーエージェント

サイバーエージェントは、1998年創業の会社。

インターネット広告事業をメインに、最近ではAbemaTVというテレビサービスにも力を入れています。

年々インターネット広告の市場は広がっており、前述のADKより売上は高く、一時は電通の時価総額を超えるというニュースもありました。

そんな勢いのあるサイバーエージェントも、総合広告代理店と同様、デザイナーであればチェックすべき会社です。

大手デザイン会社(メーカー)

デザインの会社というと、代理店ばかりを想像してしまいますが、メーカー企業も有名所があります。

メーカー企業① 資生堂

大手化粧品会社の資生堂。

広告ポスターのクリエイティブが圧巻で、グラフィックデザイナーの中村誠など有名デザイナーも在籍していました。

基本的に自社商品の広告などを手掛けるインハウスデザイナーを募集。

グラフィックデザイナーだけでなく、パッケージデザインやWebとあらゆる職種があるので、気になる方はぜひ。

MEMO
大手メーカー企業は自社でデザイナーを抱えており、資生堂に限らず、多くの会社でインハウスデザイナーを募集しています。トヨタやSONY、任天堂など気になる企業があれば、インハウスデザイナーの募集がないか見てみると良いでしょう。
created by Rinker
ブルーシープ
¥2,200 (2020/09/23 09:53:16時点 Amazon調べ-詳細)

大手デザイン事務所(制作会社)

最後に紹介するのがデザイン事務所(制作会社)

基本的に著名なデザイナーであれば自分の事務所を構えていることがほとんどです。

そのような事務所は少数精鋭で、社員を募集していることは中々ありません。

制作会社① 日本デザインセンター

代理店とは違い、委託された制作をする制作会社。

日本デザインセンターは、亀倉雄策や田中一光といった大物が設立した会社で、国内の制作会社の中でも歴史があり有名です。

事業内容としては、Webや動画、パッケージ、本の装丁…といった具合に多岐にわたる制作を手掛けています。

制作会社② れもんらいふ

CDのジャケットや広告ポスターなどを手掛けていて、アートディレクターの千原徹也さんが代表を務める事務所(制作会社)です。

H&Mといった大手企業との仕事もあり、サイトを見ても個性的でイケてるなという印象。

【大手デザイン会社は狭き門】デザイナーがおすすめする求人サイト

ここまで大手デザイン会社をいくつかご紹介しました。

いずれも言うまでもなく競争倍率が高く、非常に狭き門。

特に総合広告代理店の電通、博報堂、ADKなんかは美大生に限らず、多くの有名大学から応募が殺到しますし、中途採用であってもかなり難しいです。

大手企業を狙うのも素晴らしいことですが、広い視野で沢山の企業を見ておくことをおすすめします。

マスメディアンというデザイナー向けの求人サイトもあるので、ぜひ気になる企業を探したい方は活用してみると良いですよ。

マスメディアンとは
宣伝会議、ブレーン、広報会議などクリエイティブ・マーケティング関連の専門誌を発行している「宣伝会議」のグループ会社が運営する求人サイト。
無料登録!
【最新】現役デザイナーがおすすめする転職サイト・エージェントまとめ
デザイナー向けの転職サイト・エージェント

当サイトから登録の多いサイト・エージェントは以下です。

【1位】レバテックキャリア(大手転職エージェント)
【2位】マスメディアン(広告・マスコミ・Web業界に特化)
【3位】リクナビNEXT(転職するならチェックすべき大手)

※各サイトに飛びます