【未経験OK】Webマーケティングの副業の始め方!僕がやったことを全部解説する

こんにちは、坂本です。

現在僕はフリーランスとしてデザインやWebマーケティングの仕事をしています。

今回はそんな僕のWebマーケターとして働いていた会社人時代の副業を解説しつつ、どのように副業を始めるべきか、Webマーケティングで副業をスタートさせたい人に向けてお話していきます。

僕が会社員時代に副業でやったこと

僕が副業でやったことは全部で3つ。

・ブログ

・YouTube

・企業向けのコンサルティング

実際にやったものを解説しながら、こういう副業があるよというのを紹介していきます。

ブログ(メディアサイト運営)

最近ではすっかり定番になりましたブログ運営。

僕も会社人時代に副業として取り組み、収益は月に50万円ほど。

元々学生時代からやってはいて、社会人1年目のときにもベンチャー企業でアフィリエイトサイトの運営もやっていたのでSEOをはじめとする知見は人よりかはありました。

とはいえ、知見や経験があるからブログで稼げるというのは若干間違っていて、しっかり収益をあげることができたのは正しい努力を継続できたからだと思います。

特別なことはしておらず、愚直にブログと向き合い続けた結果です。

未経験者でもしっかり取り組めば十分結果は出せるので、副業としてはおすすめですね。

初期費用、ランニングコストともに安く、未経験者でも始めやすいので挑戦する価値はあるかと思います。

SNS運営

ブログから派生して最近はSNSで収益をあげるという副業もあります。

僕は仕事で軽くやった程度で副業としてはやってはいませんが、TwitterやInstagramといったアクティブなユーザーを多く抱えるプラットフォームでフォロワーを獲得し、アフィリエイト・PR案件を流して広告収入を得るといった流れです。

収益発生までのプロセスはブログと同じですが、ブログとは違いそれぞれのプラットフォームでフォロワーを獲得するスキルが必要になります。

手軽に始めやすいのは間違いないですね。

YouTube

続いてYouTubeですが、これも会社人時代に企業でYouTubeを運営していた経験があったので始めました。

現在2チャンネルを運営していますが、広告審査が通っておらず、収益は概要欄に設置したアフィリエイトからの報酬のみ。

ブログほどあまり力を入れられていないので、副業では大きな成果は残せていませんが、企業で立ち上げた際には1ヶ月で10万円を突破し、当たったときの爆発力はポテンシャルを感じます。

個人的にはブログよりか、YouTubeの動画製作の方がカロリーを多く消費するので後回しにしていますが、動画製作のほうが向いている人は良いかもしれません。

動画編集もやりました

ちなみに僕は動画編集も学生時代から出来たので、何度かYouTubeで動画編集の副業もやりました。

単価として最高で1本1万6000円で受けることができましたが、基本的な相場でいくと2000~5000円ほどが多いです。

ですので、短期的に小さく稼ぐには向いていますが、中長期で大きな額を稼ぐのは副業だとちょっと厳しいかなという印象。

人のYouTubeを手伝うなら自分のYouTubeを作って売上作るほうが、中長期で見れば稼げるのは言うまでもありません。

もちろん単価をあげつつ、継続案件を獲得すれば不可能ではないです。

企業向けのコンサルティング

そして最後にこれまでの経験を踏まえた上で企業でのコンサルティングをやりました。

実際にやった案件は以下。

・YouTubeのコンサルティング3ヶ月契約(1ヶ月:15万円)

・YouTubeのコンサルティング単発案件(6万円)

・メディアサイトのコンサルティング継続案件(1ヶ月:7万円)

僕は企業から個人まで案件をやってきましたが、やはりコンサルは時給換算したときに高単価になりやすく、成果型で上手く行けばかなり稼げるなという印象。

未経験者からするとコンサルティングはまず仕事を受けるのが大変ですが、受けることができるようになれば副業として十分な額は稼げます。

企業の外部マーケターもおすすめ

もし現在、本業でマーケターをやっているのであれば副業で外部マーケターとして他社を手伝うのもおすすめ。

コンサルティングよりかは取り組みやすい上、リサーチ業務など実績がなくともできるものも多いので、特に良い選択肢がないのであればこの辺は手堅くて良いです。

経験があれば広告運用も報酬が高いので狙い目。

ちなみに案件を探す際にはクラウドテックというサイトがおすすめで、表向きはエンジニアやデザイナー案件を推していますが、実はマーケティングの案件もかなり充実しているので穴場です。

実際の案件の一部

業務委託で週末使ってゴリゴリ稼働もできますし、中には100万円を超える案件もあります。

これだけ報酬が高いと怪しまれるかもしれませんが、例えば広告運用なんかは経営に与えるインパクトもかなり大きいので意外と妥当な報酬です。

とはいえボリュームゾーン的には週2日稼働とかで5~10万円ぐらいが多いですね。

>> クラウドテック無料登録はこちら

Webマーケティングで副業の始め方

ここまで僕が実際にやってきた副業を紹介してきましたが、ここからはどのようにWebマーケティングで副業を始めるかと言った話をしていきます。

未経験者でも始められるように解説しますので、ぜひ参考にして下さい。

Webマーケティングで稼ぐなら2パターンある

前提としてWebマーケティングで稼ぐ方法は2パターンあり、自分の事業で稼ぐ方法と人の事業を手伝って稼ぐパターン。

自分の事業だとブログやYouTubeといったメディア運営。

他の人の事業を手伝うというのは、外部マーケターとしての仕事やコンサルティング。

自分の事業だと収益を得るのに時間がかかるが、継続することで大きな報酬を見込めるのが特徴で、他の人の事業を手伝うのは短期的に収益を得ることが可能だが、実績のない完全未経験の状態では受注が難しいというのが特徴。

ですので、おすすめの流れは「自分で事業を作る→知見を得る→他の人の事業を手伝う」というもの。

実際、僕自身もこの手順で進めてきました。

もちろん、すでにWebマーケターとして実務経験がある人はいきなりコンサルティングとかやってみてOKです。

提案勝負なので、クラウドテックランサーズで実績をまとめたプロフィールを作成してアタックすればきっと上手くいきます。

未経験者がWebマーケティングで副業をする3ステップ

未経験者がWebマーケティングで副業を開始するステップを、ちょっと詳しく解説しておきます。

コンテンツを作成して集客をする(自分の事業)

まず最初にやるべきは自分のコンテンツ作成。コンテンツマーケティングというやつですね。

プラットフォームは以下のようなところがメジャーです。

  • ブログ
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube

アクティブユーザーが多いので集客媒体としてはかなり有効。予算があれば広告も打てるのでここら辺からスタートするのが良いかと。

コツとしては発信するテーマを絞ることと、できればあらかじめ何を売りたいかを決めておくこと。

売るものはアフィリエイトでも良いですし、自分の商品でも良いです。

イメージしやすいようにちょっと例を出しますね。

・最終的に売りたいもの : 脱毛サロンのアフィリエイト
・プラットフォーム : Instagram
・ターゲットをメンズに絞り、メンズメイクやメンズの美容やおしゃれに関するテーマで発信
・写真とテキストの投稿を上手く活用しつつ、ハッシュタグでインプレッション(露出)を高めてフォロワーを獲得する
・プロフィール欄に脱毛サロンのアフィリエイトを設置
・ストーリーズでもアフィリエイトを流す

ちょっとざっくりですが、こんな感じですかね。

しっかり有益な情報を分かりやすくまとめた話を配信し続ければフォロワーは獲得可能です。

ちなみに、InstagramはFacebook広告を利用することで広告が打てるので、予算があれば日別予算2000円とかでブーストかけることも出来ます。

まずはこうしたプラットフォームでコンテンツを作成して集客をしましょう。

販売をする、実績作り

ブログであればPV(アクセス数)、TwitterやInstagramだとフォロワーといった数字がある程度作れた段階でマネタイズ(収益化)を行います。

コツは集客をしっかりした上で行うこと。

特にSNSなんかでは顕著に現れるのですが、売りたい感じをフォロワーと関係性を構築する前に出してしまうと全く買われないので、ある程度数字を作った上で収益化を行うことです。

知見を貯める&コンサルや外部マーケターの仕事を獲得

実際に販売実績が作れたら、コンサルや外部マーケターとしての仕事を探しても良いでしょう。

この辺は既に説明してるので割愛。

以下のサイトを使ってクライアントを探せばOKです。

>> クラウドテック無料登録はこちら

>> ランサーズ無料登録はこちら

【まとめ】Webマーケティングの副業の始め方

今回のポイントをまとめます。

ポイント
  • 未経験者はまずコンテンツ発信を通じての集客・販売実績を作る
  • Webマーケターとして実務経験がある人は、その実績をつかってクラウドテックで案件を獲得する(実績がなければコンテンツ発信を始める)

これから起こすべきアクションとしては、未経験者はブログ、Twitter、Instagram、YouTubeといった媒体でのコンテンツ発信を始める。

経験者はクラウドテックランサーズに登録して、プロフィールを作成です。

小さなことからでもぜひスタートしてみて下さい。