ワイモバイルを契約するなら今!7月のキャンペーン情報

【ZTE Axon 10 Pro 5Gレビュー】AQUOS R5Gと比較!どっちがおすすめ?

ソフトバンクから発売されている5G対応のスマートフォン「ZTE Axon 10 Pro 5G」

今回は、同じくソフトバンクから発売されている「AQUOS R5G」と比較をして、どんな特徴があるのかレビューしていきたいと思います。

ZTE Axon 10 Pro 5Gはどんな機種?特徴・基本スペックをレビュー

ZTE Axon 10 Pro 5Gの基本スペック
画面サイズ約6.4インチ
解像度2,340×1,080
カメラ①標準カメラ 約4800万画素
②広角カメラ 約2000万画素
③望遠カメラ 約800万画素
サブカメラ : 約2000万画素
バッテリー容量4000mAh
CPUSnapdragon 865 5G
内蔵メモリ(RAM/ROM)6GB/128GB
サイズ約73×159×7.9mm
重量約176g
5G
防水・防塵対応非対応
ハイレゾ非対応
生体認証指紋認証

本体価格 81,164円

ZTE Axon 10 Pro 5G基本スペックレビュー① 外観と有機ELディスプレイについて

ZTE Axon 10 Pro 5Gは6.5インチの有機ELディスプレイを搭載しています。

大画面で動画を高画質で楽しむのにはかなり最適。

有機ELなので、色の再現度も高いですし、色かぶりなどもありません。

そして、カメラが搭載されている、いわゆる上部のノッチ部分もかなり小さいので、デザイン的にも特に気にはならないです。

外観・ディスプレイに関してはかなり満足度も高いですが、一点気になるのが防水・防塵に非対応ということ。

お風呂場でスマホを使いたいという方なんかは注意が必要ですね。

ZTE Axon 10 Pro 5G基本スペックレビュー② 処理能力

処理能力についてですが、Snapdragon 865を搭載し、6GBのROMと、8GBや12GB搭載のスマホが多い中、比較するとやや物足りなさは感じますが、十分高いパフォーマンスは期待できます。

10万円を切る価格帯ですが、スペックでいうと、10万円以上のハイエンドモデルとほぼ同等。コスパもかなり良いですね。

膨大な処理が必要とされるゲームアプリも問題なくプレイできます。

ZTE Axon 10 Pro 5G基本スペックレビュー③ カメラ

有機ELディスプレイに、高い処理性能、ここまでかなり良い感じですが、カメラはどうでしょうか。

広角・望遠の撮影が可能で、メインカメラの画素数は4,800万。

動画撮影についても4K画質で撮れます。

そして、AIで被写体を自動判別する機能もついていて、カメラに詳しくない人でも簡単にキレイな写真が撮影可能に。

とはいえ、背景のボケがややわざとらしい、若干チープには感じますが、それなりには使えるといったところ。

個人的には手ブレ補正機能がないのが痛いところ。

ZTE Axon 10 Pro 5G基本スペックレビューまとめ

  • 6.5インチの有機ディスプレイを搭載
  • Snapdragon 865+ROM 6GB
  • 4800万画素のメインカメ

総括としては「色々削られてはいるが、それなりには使える安価で手にれられる5Gスマホ」といった感じ。

色々削られているというのは、やはり6GBのROMやカメラが大きい。

とくにROMについては、他の5Gスマホの中でも少ないので、アプリを沢山開きすぎるとカクついたりする可能性が考えられます。

適度に裏で起動しているアプリを終了させるなどの配慮は必要です。

とはいえ、10万円を下回る価格で5Gスマホを手に入れられると考えると、ヘビーユーザーではない限り、割とおすすめなのかなと思います。

AQUOS R5Gはどんな機種?特徴・基本スペックをレビュー

AQUOS R5G
画面サイズ約6.5インチQuad HD+
解像度1,440×3,168
カメラ① 超広角カメラ 約4,800万/2.9
② 望遠カメラ 約1,220万/2.7
③ 標準カメラ 約1,220万/1.7
サブカメラ : 有効画素数 約1,640万
バッテリー容量3,730mAh
内蔵メモリ(RAM/ROM)RAM 12GB LPDDR5対応/
ROM 256GB UFS3.0 + WriteBooster対応
サイズ約162mm×約75mm×約8.9mm
重量約189g
5G
防水・防塵対応IPX5/8/IP6X
ハイレゾ◯(ステレオスピーカー、Dolby Vision™
Dolby Atmos®)
生体認証指紋認証/顔認証

価格 129,600円

続いて、比較対象のAQUOS R5G。

以前に詳しくレビューしているので、詳しくはこちらの記事を見て欲しいところですが、ここでは要点を簡潔にまとめます。

AQUOS R5G基本スペックレビューまとめ

  • 8K画質の4眼カメラを搭載
  • 6.5インチのIGZOディスプレイ
  • 865 5G mobile platform+RAM12GB
  • ハイパフォーマンス設計

上記が主な特徴。

やはり13万近くある価格帯なので、カメラも高性能かつ、処理性能も抜群に高い。

ZTE Axon 10 Pro 5GとAQUOS R5Gを比較レビュー

ZTE Axon 10 Pro 5GAQUOS R5G
画面サイズ約6.4インチ
約6.5インチQuad HD+
解像度2,340×1,0801,440×3,168
カメラ①標準カメラ 約4800万画素
②広角カメラ 約2000万画素
③望遠カメラ 約800万画素
サブカメラ : 約2000万画素
① 超広角カメラ 約4,800万/2.9
② 望遠カメラ 約1,220万/2.7
③ 標準カメラ 約1,220万/1.7
サブカメラ : 有効画素数 約1,640万
バッテリー容量4000mAh3,730mAh
CPUSnapdragon 865 5G
Snapdragon 865 5G
内蔵メモリ(RAM/ROM)6GB/128GB
RAM 12GB LPDDR5対応/
ROM 256GB UFS3.0 + WriteBooster対応
サイズ約73×159×7.9mm
約162mm×約75mm×約8.9mm
重量約176g約189g
5G
防水・防塵対応非対応IPX5/8/IP6X
ハイレゾ非対応
◯(ステレオスピーカー、Dolby Vision™
Dolby Atmos®)
生体認証指紋認証
指紋認証/顔認証

ZTE Axon 10 Pro 5GとAQUOS R5Gを比較レビュー① ディスプレイ

ディスプレイに関していうと、お互い同じようなサイズではありますが、ZTE Axon 10 Pro 5Gが有機ELディスプレイ、AQUOS R5Gが液晶ディスプレイと、決定的に違います。

有機ELは発色はもちろん、動きの多いシーンなどにもしっかり対応できるので、ZTE Axon 10 Pro 5Gの方が、ディスプレイとしての性能は高いといえます。

しかしその分、バッテリー消費が多くなったり、昼間の外で使用すると若干見にくかったりはします。

バッテリーについては、4000mAhと大容量なのでそこまで気にしなくても良いですね。

ZTE Axon 10 Pro 5GとAQUOS R5Gを比較レビュー② 処理性能

続いて処理性能ですが、お互いにCPUは「Snapdragon 865 5G」を搭載しているので、ここは同等です。

とはいえ、RAMが倍の差あり、処理性能についてはAQUOS R5Gが大きくリード。

価格の差が特に大きく現れるところだと思います。

ゴリゴリゲームをやる、沢山アプリを起動するという方は、おとなしくAQUOS R5Gを選ぶのがベストかもしれません。

ZTE Axon 10 Pro 5GとAQUOS R5Gを比較レビュー③ カメラ

ZTE Axon 10 Pro 5Gが3眼カメラなのに対し、AQUOS R5Gは4眼カメラ。

ToFという、被写界深度測定(距離を計測するもの)の有無が大きいです。

また、動画撮影においても4Kと8Kと倍違うので、やはりカメラ性能についてはAQUOS R5Gが良いです。

【まとめ】ZTE Axon 10 Pro 5GとAQUOS R5Gを比較レビュー

ZTE Axon 10 Pro 5Gは8万円台で購入できる5G対応スマホということで、コスパはかなり良いです。

とはいえAQUOS R5Gと比較した際に、メモリやカメラ性能で差が出てしまいます。

スペック重視ならAQUOS R5G、安さ重視でZTE Axon 10 Pro 5Gという選択になりますね。

※現状、どちらもSIMフリー版は発売されていません。

【公式】ソフトバンク

ZTE Axon 10 Pro 5GとAQUOS R5Gの関連記事

【2020最新】ソフトバンク5G対応スマホを一挙ご紹介!おすすめの選び方 【AQUOS R5Gレビュー】Galaxy S20 5Gと比較!どっちがおすすめ?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。