ワイモバイルのシェアプランを活用!タブレットやサブ候補に最適

今回は、ワイモバイルのシェアプランというプランについてご紹介していきます!

iPadをはじめとするタブレットの契約や、2台目以降のスマホの契約を考えている人は必見です。

さらに、現在キャンペーン中で、シェアプランセット割を適用することができ、実質無料です。

ぜひ、参考にして頂ければと思います!

ワイモバイルのシェアプラン(子回線専用プラン)について

それでは、ワイモバイルのシェアプランとはどういうったものなのでしょうか、解説していきます。

簡潔にいうとワイモバイルのシェアプランは、すでにワイモバイルに加入している人が、他の端末でも同じデータ通信量を使って利用できるプランです。

利用条件としては、「スマホプラン/スマホベーシックプラン」または「データプラン/データベーシックプラン」に加入している必要があります。

もちろん、まだワイモバイルに契約していないという人は、これを機にメインスマホを乗り換えてしまえば、シェアプランを利用できます。

ワイモバイルシェアプランの魅力① 基本使用料がお得に&料金

これまでは、2台目以降の端末を契約するとなると、メインスマホのプランに加入し、その上、同じプランなどを他の端末でも契約するといった、重複する形になっていました。

しかし、シェアプランはあくまでメインで契約してるプランをベースに、シェアプランの基本使用料を上乗せするだけで使えるので、月々の通信費がかなり抑えられます。

プランごとにかかるSIMカード1枚ごとの費用は以下の通り。(3枚まで契約可能)

  • プランS 980円
  • プランM 490円
  • プランR 490円

ワイモバイルシェアプランの魅力② パケットが無駄なく使える

上記の画像を見てもらえれば分かる通り、これまで端末ごとに使い切れなかった通信量は無駄になってしまうという構造でしたが、端末間でデータ通信量をシェアできるようになったので、これまでより効率良くデータを使えるようになりました。

ワイモバイルシェアプランの魅力③ 高速通信が可能に

すでにワイモバイルを使っている方であれば周知の事実ですが、他の格安SIM事業者より圧倒的にワイモバイルが回線面で強いです。

日夜問わずに安定して高速接続ができるので、サブ機といえど、問題なく利用できます。

ワイモバイルシェアプランのデメリット① 音声通話ができない

お得に他の端末を契約できて、かなり料金的にも良い感じなのですが、やはりデメリットがあります。

それが、音声通話ができないというもの。

シェアプランのSIMカードはいわゆるデータ通信専用のSIMカードとなっており、音声通話ができません。

あくまでサブ、特にタブレット端末といったものとの利用を想定されています。

ワイモバイルシェアプランのデメリット② 頑張ればテザリングでも事足りる

続いてのデメリット…というか個人的な意見なのですが、複数端末ということで、頑張ればメインスマホのテザリングだけでも、まなかえる人はいるんじゃないかなと思います。

特に日常において、そこまでタブレットを使用しない方や、たまにしか使わないサブ機とかであれば無理して契約する必要もないのかなと。

ただ、毎回テザリングの接続するのって手間もかかりますし、面倒ですよね…。

この辺は、契約検討中のタブレット、スマホをどのくらいの頻度で使うのかを考える必要はありそうです。

そもそも、その端末がWi-Fiモデルであり、SIMをカードを挿せないセルラーモデルだったらテザリング一択になってしまうので、セルラーモデルのタブレット使ってるとかであれば、シェアプランでも良いかもしれませんね。

今ならシェアプランセット割が適用される

ワイモバイルでは、常にキャンペーンを実施しており、数年前から継続して「シェアプランセット割」というキャンペーンを行っています。

このキャンペーンでは、期間中に親回線となる「スマホプランM/R/L/スマホベーシックプランM/R/L」または「データプランL/データベーシックプランL」を指定のうえ、シェアプランをご契約すると以下の割引が適用されるというもの。

  • 「スマホプランM/R/スマホベーシックプランM/R」ご契約の場合 490円/月
  • 「スマホプランL/スマホベーシックプランL」「データプランL/データベーシックプランL」ご契約の場合 980円/月

これであれば、今なら実質無料ですね…!

【まとめ】ワイモバイルのシェアプラン(子回線専用プラン)について

以上、ワイモバイルのシェアプランについての解説でした。

1台ずつ契約するよりも、まとめて契約したほうが結果的に安くなりますので、ぜひこれから契約をするのであれば、スマホも合わせて乗り換えをする事をおすすめします。

  • 利用条件 「スマホプラン/スマホベーシックプラン」または「データプラン/データベーシックプラン」に加入
  • プランS 980円、プランM・プランR 490円
  • データ通信専用

【公式】Y!mobile(ワイモバイル)

ワイモバイルの関連記事

ソフトバンクからワイモバイルの乗り換えについて解説【MNP】 ワイモバイルのキャンペーンキャッシュバック!最新情報をお届け ワイモバイルとUQモバイルを比較!どっちを選ぶべき? 【買うな】ワイモバイルのSIMスターターキットってどうなの?メリットとデメリット

SIMフリースマホについてはこちら

【最新】SIMフリースマホおすすめランキングベスト5