ワイモバイルを契約するなら今!7月のキャンペーン情報

ワイモバイル審査落ちの7つの原因と通るためにすべきこと

今回はワイモバイルを契約する上で必要な審査について解説していきます。

審査落ちする原因としてどのようなものがあるのか、また審査に通るために何をすべきかをご紹介していきますので、ぜひ参考にして頂ければと思います。

ワイモバイル審査落ちの原因

さて、ここから審査落ちの原因をご紹介していきます。

手っ取り早く知りたい方へ、下記が審査落ちの主な原因になりますので、最初にご確認下さい。

  1. 最近ソフトバンク、ワイモバイルで短期解約をした
  2. 支払いの滞納・未払い
  3. MNP予約番号の不備・期限切れ
  4. 本人確認書類の不備
  5. 5回線以上の契約
  6. 分割払いでの申込み
  7. 未成年・外国人の申し込み

いろんな理由で審査落ちするんですよ!

ワイモバイル審査落ちの原因① ソフトバンクやワイモバイルで短期解約をした

最近、ソフトバンクやワイモバイルを契約し、短期解約をしたという方は、しばらく待ってから申し込まないと、審査落ちで契約することができません。

これはワイモバイルに限った話ではないのですが、過去の契約情報は残っているので、短期解約している人は、再び契約してもまた解約されるという印象を持たれてしまいます。

他の通信事業者であれば問題ないのですが、ワイモバイルはもちろん、ワイモバイルを運営するソフトバンクで短期解約はあると厳しいです。

ちなみにこの短期解約の目安は約3ヶ月。3ヶ月以内に解約すると、短期解約とみなされ、再契約まで時間がかかります。

ワイモバイル審査落ちの原因② 支払いの滞納・未払い

そしてお次は支払いの滞納。

これはワイモバイルやソフトバンクだけに限らず、他の通信事業者も含まれます。

更にいうとクレジットカードなんかでもそうです。

過去の事業者での支払いは全て記録されており、個人の支払い能力の信用につながる部分。

特に現在進行系で支払いを滞納しているのであれば、全て支払っているクリーンな状態でないとまず契約は無理でしょう。

そして、見落としがちなのが未払い(残債)です。

例えば機種変更などで多いケースが、前の端末代を完済していないというケース。

機種変更時に、まとめて残債を支払った上での申し込みであれば問題ないのですが、そうでなければ審査落ちの原因は未払い(残債)に可能性が高いです。

ワイモバイル審査落ちの原因③ MNP予約番号の不備・期限切れ

ワイモバイルに乗り換える際に発行するMNP予約番号ですが、期限が設定されており、その有効期限は15日です。

これを超えていると、再度MNP予約番号を申請する必要があるので確認しておきましょう。

MNP予約番号とは
MNP(他社への乗り換え・電話番号の引き継ぎ)の際に必要な番号。前に契約してるキャリアで乗り換えの際に申請する必要がある。

ワイモバイル審査落ちの原因④ 本人確認書類の不備

これが結構多いんじゃないでしょうか。

名前はもちろん、住所(特にマンション名や番地の表記)が完全に一致しているかどうか確認して下さい。

結構審査の際に細かく見ているので、気をつけて下さい。

また、本人確認書類の有効期限も注意が必要です。

例えば、有効期限の切れた保険証や、マイナンバーカードだと受け付けてもらえません。

ワイモバイル審査落ちの原因⑤ 5回線以上の契約

こんなに契約する人は非常にまれですが、個人で契約できる回線は5回線と決まっており、それ以上は契約することができません。

回線単位の数なので、スマホ契約だけでなく、WiMAXをはじめとする周辺機器も含まれます。

更に機種代金を分割にしているケースだと、2回線までの契約となるので、注意が必要です。

ワイモバイル審査落ちの原因⑥ 分割払いの申し込み

これはスマホの分割払いを指定している場合に起こるものです。

基本的にスマホの機種代金を分割払いをしていると、新規契約の際に審査が厳しくなります。

ですので、SIMフリースマホをAmazonなどで購入するなど、別途自分で準備するようにしましょう。

【最新】SIMフリースマホおすすめランキングベスト5

ワイモバイル審査落ちの原因⑦ 未成年・外国人の申し込み

これは支払い能力があるのかどうかという視点で審査されるため、未成年や外国人の方は審査が厳しいです。

未成年の方は保護者の同意書、外国人の方は永住権といったものがあると良いでしょう。

未成年の場合は、保護者名義であればスムーズに契約できるので、そちらで申し込むのがベストです。

【まとめ】ワイモバイルの審査の日数ついて

以上がワイモバイルを契約する際に審査落ちする主な原因になります。

ワイモバイルの審査は当日~3日程度かかりますので、焦らず待つようにしましょう。

どうしても、ワイモバイルで審査を通過する見込みがないという方は、ワイモバイルと同様に大手キャリアの直営で、通信速度も速く安定しているUQモバイルを検討することをおすすめします。

料金もほとんど変わらないので、ワイモバイルに次ぐ候補としてかなり有力だと思います。

関連記事 : ソフトバンクからワイモバイルの乗り換えについて解説【MNP】

【公式】Y!mobile(ワイモバイル)

ワイモバイルの関連記事

ソフトバンクからワイモバイルの乗り換えについて解説【MNP】 【7月】ワイモバイルのキャンペーンキャッシュバック!最新情報をお届け 【1分でわかる】ワイモバイルとUQモバイルを比較!どっちを選ぶべき? 【買うな】ワイモバイルのSIMスターターキットってどうなの?メリットとデメリット

SIMフリースマホについてはこちら

【最新】SIMフリースマホおすすめランキングベスト5

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。