【体験談あり】Wi-Fiルーターの買い替え時期を解説!ネットが爆速になります

今回は、Wi-Fiルーターの買い替えを検討している人に向けて、どのくらいの期間で買い替えるべきか、またどんな機種がおすすめなのかを解説していきます。

【前提】ルーター買い換える必要性ってあるの?

実際のところ、Wi-Fiルーターを買い替える必要は厳密にはありません。

というのも、Wi-Fiルーターには劣化するパーツは存在しないため、長年使うことで性能が落ちるということはないのです。

つまり、Wi-Fiルーターに寿命は存在せず、基本的にはいつまでも使える機器。

しかし、インターネットは常日頃進化し続けます。

3Gから4G、5Gへと通信システムが進化するように、Wi-Fiもまた通信システムが進化し、高速化。

ですので、Wi-Fiルーター自体はずっと使い続けられますが、最新の通信システムには対応できません。

以上を踏まえて、Wi-Fiルーターは定期的に買い替えが必要なものであることが分かります。

POINT

・Wi-Fi機器自体はずっと使える

・通信速度にこだわるなら、定期的に買い替えは必要

Wi-Fiルーターの買い替え時期は4~5年が目安

【理由】Wi-Fiの最新規格の進化スパン

規格 登録日 周波数 通信速度
IEEE 802.11 1997年6月 2.4GHz 2Mbps
IEEE 802.11a 1997年9月 5GHz 54Mbps
IEEE 802.11b 1997年9月 2.4GHz 11Mbps
IEEE 802.11g 2003年6月 2.4GHz 54Mbps
IEEE 802.11n 2009年9月 2.4GHz / 5GHz 600Mbps
IEEE 802.11ac 2013年12月 5GHz 6900Mbps
IEEE 802.11ax 2020年9月(予定) 5GHz 10000Mbps

予定されているものを含め、最新のWi-Fi規格は上記の通り。

今持っているルーターの購入日と照らし合わせてみると、どれくらい進化したのかが分かるかと思います。

だいたい4,5年スパンなので、規格ベースでの買い替え時期は4~5年といったところですね。

もう一つのWi-Fiルーターを買い替える時期について

Wi-Fiルーターの買い替えについては、基本的にWi-Fiの規格が新しくなった時点でできますが、流石に馴染みがない上、なかなか買い替えの目安として分かりにくいです。

そこで、メーカーが提唱するWi-Fiを買い替える時期についても紹介。

大きく分けて3つです。

・ネット回線の変更時

・端末の買い替え時

・Wi-Fiの接続台数が増えた時

いずれも、Wi-Fiを取り巻く環境が変わるタイミング。

もちろん使っていて繋がりにくい、動画がカクカクして重いなど、目に見えて不調であればすぐに買い替えるべきなのは言うまでもないですが、このようなWi-Fiルーターや他の端末が新しくなったタイミングで買い替えるのがベストのよう。

現在使っているWi-Fiルーターを購入したのが数年前という方は改めて以下の項目をチェックしてみて下さい。

Wi-Fiルーター買い替えチェック項目
  1. ネット回線は変わったか?
  2. スマホの機種変更をしたか?
  3. Wi-Fiを接続する端末は増えていないか(テレビの録画機器は特に見落としがちなので要注意)
  4. 使用用途は変わってないか?(動画をよく見るようになったなど)
  5. 引っ越しをしてないか?

おそらく多くの方が、Wi-Fiルーターを購入してから、なんらかの環境変化はあると思いますので、心当たりがあるようでしたら、ぜひ検討してみることをおすすめします。

【体験談】僕もWi-Fiルーターの買い替えをしました

【レビュー】今回購入したWi-Fiルーター「BUFFALO WSR-2533DHP3-BK」

ということで今回僕もルーターを購入。

購入したのはBUFFALO WSR-2533DHP3-BKというルーターです。

僕は一人暮らし2LDK、最大接続台数5台という環境で、最新規格に対応し、コスパも良いモデルがこれでした。

1万円切っていて、LANポートも多いですし、なかなか良いなと思っています。

また4×4&ビームフォーミングという機能があり、端末との位置や距離を自動判別してくれるので、部屋の様々な場所に端末がある人なんかもおすすめです。

僕は各部屋にパソコンやスマホ、タブレット端末があちこちに置いてあるので、4×4&ビームフォーミングの恩恵は大きかったです。

公式によると複数端末の同時接続は18台なので、仮に6人家族であっても問題なく使えます。

そして、実際に数ヶ月使ってみての感想としては、やはり接続は非常に速く、回線の変更よりルーターの変更の方がスピード改善に最も影響ありました。

今までどんだけ遅いルーター使ってたんだよ…

個人的にはアップロードの速さがめちゃくちゃ改善されて、こんなに速くYouTubeの動画アップロードって速かったんだ!と驚きました。ダウンロードも比較的速くなった気がします。

とはいえWi-Fiルーターに関しては、高ければ高いほどパワフルなWi-Fiルーターが手に入りますが、大家族やプロゲーマーでない限り、オーバースペックになりがちなので、1~2万円台のものを買っておけば普通に最新Wi-Fi規格のもので、高速ネット環境はつくれます。

おすすめの最新Wi-Fiルーターは下記記事でご紹介しているので、ぜひ参考にして頂ければと思います。

【決定版】超高速!おすすめ無線LANルーター(Wi-Fiルーター)5選

【買い替えた感想】普通に使えていても要注意!まだまだ速くなる余地はある

今回僕もWi-Fiルーターを新たに購入しましたが、それまで普通に速いと思っていたものより、さらに速くなりました。

やはり、自分の中でのこれまでの速いという感覚は、最新のWi-Fi事情からするとそこまで速いものではなかったのです。

例えば最新の11acという規格は前の11n規格からすると約11倍速度が早くなっており、Wi-Fiの速度は日々速くなっています。

言われてみれば、Wi-Fiルーターを買った数年前より、接続台数は増えており、スマホだって最新機種になっているわけです。

Wi-Fiルーターだけが、変わらずに存在しており、回線スピードを下げる大きな要因となっていました。

こうして解説すると、当たり前の話なのですが、意外と見落とすんですよね。

例えばスマホを最新をiPhoneに変えたときに、Wi-Fiルーター買い換えなきゃ速度遅くなる!ってなかなか思わないんですもん。

最新スマホやPCの性能を引き出すためにもちゃんとルーターへの意識を高くしておくべきですね

【まとめ】Wi-Fiルーターの見直しをすべし

ということで、今回はスマホや回線を変更したタイミングでWi-Fiルーターも買い換えると、より高速回線になるよ!といったお話でした。

もちろんネット回線の見直しも必須です。

最後におすすめのネット回線とWi-Fiルーターの組み合わせを紹介します。

1~4人家族向けのおすすめ構成

個人的には1~4人家族でスマホとPC、ゲーム機と沢山接続することも想定してネット回線を作るのであれば、

という組み合わせがベストかなと思います。

とにかくスピード重視のおすすめ構成

回線スピード重視のFPSゲームや格ゲーなんかもやりたいという方は

この組み合わせがベストですね。普通の家庭だとオーバースペックな気もしますが、絶対遅延は起こしたくないという強いこだわりがあるなら、こちらをおすすめします。

テレワークが一般化した今の時代こそ、改めて見直したいポイントです。

何気なく買い替えを検討し、調べていましたが、買い替えてよかった
ぜひ参考になればと思います!
TRY NOW

【公式】NURO光はこちら

Wi-Fiルーターの関連記事

【決定版】超高速!おすすめ無線LANルーター(Wi-Fiルーター)5選 auユーザーにおすすめのWi-Fiルーター(無線LAN)選び方から徹底解説 最新ホームルーターを徹底比較!今買うべきおすすめの機種を紹介