【プロ解説】Webデザインスクールは無駄?本当にデザイナーになれるのか

こんにちは、フリーランスデザイナーの坂本です。

今回はWebデザインスクールに通うと本当にデザイナーになれるのか、無駄にはならないか、といった不安の声をもとに解説していきます。

最近はWeb製作が学べるスクールが増えてり、ハズレを引きとお金も時間も大きく無駄にすることになるので、ぜひともこの記事を参考にして頂きたいです。

【結論】スタートラインには立てます

まず先に結論を言っておくと、スクールに通えばWebデザイナーに絶対なれるという保証はありませんし、本人の頑張り次第です。

ですが、スタートラインには立てます。

というのも多くの企業ではデザイナーを採用する際に、完全未経験は基本的にとりません。

即戦力になる人材を求め、教育コストがなるべくかからない人を欲しがります。

つまり、未経験なのは実務経験のことを指し、「スキルが全くない=未経験」ではありません。

どんなWebデザインスクールであっても、スキルは学ぶことができますので、そういった意味ではデザイナーになるスタートラインには立てます。

デザイナーになれる保証はないと言いましたが、最近ではデザイナーとして就職や転職ができなければ全額返金という保証付きのスクールも増えてます。

Webデザインスクールに通っても完璧にはなれない

前提として何をもって完璧とするかの定義も明確ではありませんが、Webデザインスクールに通ったところでデザイナーとして完璧な状態にはなれません。

これはスクールに限らず、すべての教育機関でも同様です。

デザイナーはデザインスキルを持ってして価値を生む仕事なので、いわば専門職。

特にWeb業界は日々新しい技術が生まれ続けており、そんな状況下でそもそも完璧なデザイナーはいません。

デザイナーになる前もなった後も変わらずにデザインと向き合い学び続ける必要性はあります。

ちなみにデザインスキルが大幅に向上するのは結局、実務での仕事だったりします。

僕もフリーランスデザイナーとして仕事をしていますが、未だにデザインの勉強をする時間を1日の中で少しだけでも確保するようにしていますし、Pinterestをはじめとする最近のクリエイティブのインプットを欠かしません。

そういった点でデザイナーとして完璧な状態はそもそも無理なので、デザイナーとしての基礎を学ぶといった感覚の期待値調整をしましょう。

ネットで各所スクールの悪い口コミを見ていると、ほとんどがこの期待値が高いがゆえに無駄にしたと思ってる人が多いです。

よくある誤解 デザイナーに資格はありません

また、よくある誤解としてデザイナーになる為に必要な資格は存在しません。

これはWebデザインスクールに限らず、専門学校なんかでも見られる傾向として、やたら講師がデザインに関する資格を勧めてきます。

おそらく実務経験がない中で就職や転職を目指すので、努力の証を形として残してポテンシャル採用を目指すというものから、単純に資格であればゴールが明確かつカリキュラムが組みやすくて教えやすいといった理由もありそうですね。

とはいえ、全てが無駄な資格かと言われれば無駄ではない資格もありますが、基本的にデザイナーになるために必須資格はありません。

大事なのはデザインの基礎的な知識とツールの扱いでしょう。

この2つがあればデザイナーとしての基本資格はOKです。

デザイナーにおすすめの資格は?本当に役立つのは3つです【グラフィック&Web】

【選び方】Webデザインスクールで無駄な学習をしないために

ここからはより良いWebデザインスクールで学ぶためのポイントを解説します。

実際に制作物を作るカリキュラム

デザインを学ぶ上で大事なのが実践です。

Webデザインスクールでいうと、実際に制作物を作るカリキュラムがあるスクールを選ぶと間違いありません。

デザインを基本原則があるので一定座学で学ぶところもあるかもしれませんが、その他は実際に手を動かしてみるのが早いです。

また、制作物を作るメリットとしてポートフォリオに組み込めるというのがあります。

ポートフォリオとは、デザイナーの採用の際に企業に提出しなければいけない過去の作品をまとめたもの。

このポートフォリオは就職や転職において必須なのですが、良質な作品を増やさなければいけないので作ろうと思って作るのは結構大変です。

学びながら作るのがベストなので、こういった面からも実際に制作物を作るカリキュラムがあるスクールを選ぶようにして下さい。

少しは勉強しておく

意外とやっていない人が多いのですが、Webデザインスクールに通うからといって完全に知識ゼロの状態で行くのはあまり賢くないです。

できるだけ、事前にWebデザインに関する本を読むなど前提知識を少しだけ入れておくと学習がスムーズになりますし、吸収率がまるで違います。

また、Webデザインスクールに通うメリットは色々ありますが、特筆すべきは現場で活躍するプロの講師に質問できるところです。

なるべく質問するならレベルの高い質問をすべきですし、スクールで0から100まで全て教えてもらおうと思うと費用もかかります。

全てを受け身で学びに行くのではなく攻めの姿勢で学びに行く人の方が確実に成長しますね。

初心者がスクールに行く前に読んでおくと良いのはなるほどデザイン

現役デザイナーが教える!初心者におすすめのデザイン本【グラフィック&WEB】

現役デザイナーがおすすめするWebデザインスクール

僕が個人的に良いなと思っているWebデザインスクールがあるので、最後に紹介しておきます。

それがCode Camp(コードキャンプ)というスクール。

完全オンラインで完結するので学習が続けやすく、何より今回僕があげたポイントを全て満たしています。

Code Campで学べること
  • 観光情報サイト
  • カフェのホームページ
  • 写真加工・バナー・ロゴ制作
  • レスポンシブ対応のwebデザイン

上記がカリキュラム内容なのですが、基本的に制作物を作りながら学習をしていくスタイルで、かなり実践的です。

しっかり現場に通用するデザイナーを育てる気があるWebデザインスクールですね。

1つだけWebデザインスクールを選べと言われれば間違いなくここ。

無料体験もあるので、まずは気軽に体験してみて決めれば損はしません。

無料体験あり!
【現役プロが解説】Code CampでWebデザイナーにはなれるのか【評判や料金】

【まとめ】Webデザインスクールは無駄?本当にデザイナーになれるのか

今回の記事のポイントです。

ポイント
  • デザイナーになれる保証はないが、デザイナーになれるスタートラインには立てる
  • デザイナーとして完璧な状態は存在しない、プロになってからも学び続けなければいけない
  • 実際に制作物を作るスクールを選ぶと良い(実践が一番成長する)
  • スクールに行くまでに本を読むなど軽く勉強をしておくと、学習がスムーズになる
  • おすすめのWebデザインスクールはCode Camp(コードキャンプ)

ぜひこれらを参考にデザイナーへの道を踏み出しましょう!

紹介したおすすめのWebデザインスクール

>> Code Camp(コードキャンプ)

【現役プロが解説】Code CampでWebデザイナーにはなれるのか【評判や料金】 【現役デザイナーが厳選】Webデザインが学べるおすすめスクールはこの2社です【オンライン】