ワイモバイルを契約するなら今!7月のキャンペーン情報

UMIDIGI S5 Proレビュー!フルスクリーンでパワフルなモデル

今回はUMIDIGIの最新スマートフォン「UMIDIGI S5 Pro」をご紹介!

基本スペックからひとつずつレビューしていきます。

ぜひ参考にして頂けると幸いです。

UMIDIGI S5 Proの発売日・価格

UMIDIGI S5 Proの発売日は2020年5月です。

価格は日本円に換算して約36,000円。

UMIDIGI S5 Proの基本スペックレビュー

UMIDIGI S5 Pro
画面サイズ6.39インチ(有機ELディスプレイ)
解像度1080×2340
カメラクアッドカメラ
バッテリー容量クアッドカメラ : メイン4800万画素(F1.79)
超広角 1600万画素
マクロ 500万画素
深度 500万画素
インカメラ : 1600万画素(F2.0)
内蔵メモリ(RAM/ROM)6GB/256GB
サイズ159.2×75.7×9.6mm
重量202g
5G☓(4GB)
防水・防塵対応非対応
生体認証指紋・顔
ネットワークドコモ : 4G Band 19対応 FOMAプラスエリア3G対応
au : プラチナバンド
Softbank : プラチナバンド

あれ…UMIDIGIが本気で勝負してきてるぞ…?

UMIDIGI S5 Proのスペックレビュー① ポップアップカメラ

本体上部にピョコッと出ているのが、UMIDIGI初のポップアップカメラ。

UMIDIGI S3 Proでは水滴型ノッチでしたが、ディスプレイ部分からカメラが消えたことで、画面占有率がアップしています。

万が一の落下が心配ですが、これについては落下検知システムを搭載しており、落下しても自動でカメラを格納する仕組みになっているので安心です。

更にカメラが4つのクアッドカメラということで、メインカメラ、超広角、マクロ、深度測定といった形で十分なスペックになっています。

F値も1.79となっているので、ポートレート撮影なんかもできちゃいますね。

つまり背景がめちゃくちゃボケるオシャレ写真が撮れるわけだ

UMIDIGI S5 Proのスペックレビュー② 大容量のRAM/ROM

今回のUMIDIGI S5 Proは、RAMは6G 、ストレージは256GBということで大容量。

個人的にストレージ256GBなんかは、どれだけ写真や動画、アプリを詰めこんでも使い切りそうにないのですが、これだけあると安心ですし、ストレージ管理をする手間もなさそうで良いですね。

そして何よりもMediaTekのAI対応プロセッサ「Helio G90T」

処理能力についてもかなり期待できる上、液冷システム搭載でゲームアプリの際の熱処理もしっかりされるので、バッテリーの劣化の心配もなさそうです。

UMIDIGI S5 Proのスペックレビュー③ バッテリー容量4680mAh

大容量なのはストレージだけではなく、バッテリーもです。

4680mAhということでとにかく大容量のバッテリーを積んでいます。

正直、僕はあまりゲームもしませんし、ヘビーユーザーでもないので、3500mAhくらいあれば全然良いんですが、ここまで大容量だと気になります。

多くの人にとってバッテリーは持続時間長ければ長いだけ良いでしょうし、バッテリーがオーバースペックなんてこともないですから、UMIDIGI S5 Proを購入する上でも実に大きなメリットになりますね。

UMIDIGI S5 Proの懸念点

ここまでスペック上でのレビューをしたものの、やはりいくつか懸念点はあります。

UMIDIGI S5 Proの懸念点① 品質問題

これまでのUMIDIGIのスマホを振り返ってみて、あげられるのが品質。

たしかにUMIDIGI S5 Proはスペックも高く、価格からしてかなりコスパの良いモデル。

しかし、過去の機種を振り返ってみて、カタログスペック上の数値と実機で実際に出るパフォーマンスと大きく差異があることもありました。

もちろん、多少のばらつきがあるのは許容範囲内ですが、ぜひとも注目したいポイントです。

UMIDIGI S5 Proの懸念点② ソフトウェアについて

ハードウェアは基本素晴らしい上で、問題はソフトウェア。

毎度ソフトウェアの作り込みが甘く、ユーザーからすると不親切だったり、電池消費がやたら激しかったり。

もちろん、アップデートによるサポートもありますが、どこまで追加サポートをしてくれるかは分かりません。

あくまで懸念なので、純粋に現在の情報を見ると素晴らしいのには変わりはありません。

UMIDIGI S5 Proの対応バンドについて

LTEがバンド1/バンド3/バンド8/バンド18/バンド19/バンド26/バンド41対応。

3Gはバンド1/バンド6/バンド8対応。

よって、大手キャリアでは下記の通り。

ドコモLTE、3G対応4G Band 19対応、FOMAプラスエリア3G対応
auLTE対応プラチナバンド
ソフトバンクワイモバイル回線:LTE、3G対応プラチナバンド

対応バンドについても豊富で、問題なさそうです。

SIMカードは下記のものであればUMIDIGI S5 Proで使えます!

 

Y!mobileはとにかく高速で使いたい方向け

【公式】Y!mobileのSIMカードはこちら

 

nuro mobileはとにかく安く使いたい方向け

【公式】nuro mobileのSIMカードはこちら

個人的には速度重視でY!mobileがおすすめ!

UMIDIGI S5 Proの基本スペックレビューまとめ

結論としてはスペック上、かなりコスパの良い機種。

これはひょっとすると、かなり売れるんじゃないでしょうか。

後はこのスペックを実現する品質があるかどうかです。

何はともあれ、これで3万円ほどの価格であれば、魅力的かつ個人的には激推です。

【最新】中華スマホランキング

【最新モデル】中華スマホおすすめランキングベスト5【コスパ最強】

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。