【体験談あり】テックキャンプデザイナー転職の口コミ評判を解説

こんにちは、フリーランスデザイナーの坂本です。

今回はテックキャンプ デザイナー転職の口コミ評判を踏まえ、デザイナー目線で解説をしていきます。

これからテックキャンプ デザイナー転職コースに行こうか迷っているという方はぜひ参考にしていただければと思います。

テックキャンプデザイナー転職とは

テックキャンプのデザイナー転職コースは、その名の通り未経験からデザイナーを目指す人が通うWebデザインスクールになります。

特徴としてはオンラインとオフラインといった、学習環境の選択が可能となっており、かなり実践的なカリキュラムとなっております。(以下、教室のある地域)

  • 関東(渋谷、新宿、池袋、東京大手町)
  • 中部(名古屋)
  • 近畿(梅田)

また、デザイナー転職保証といった全額返金の保証付きということもあって、本気でデザイナーになりたいという方にはかなり適した学習環境だといえるでしょう。

テックキャンプデザイナー転職の特徴
  1. オフラインでもオンラインでも対応可能
  2. 未経験からデザイナーになれる実践型カリキュラム
  3. デザイナー転職保証付き
無料体験あり!

テックキャンプデザイナー転職で学べるスキル

テックキャンプデザイナー転職で実際に学べるスキルは以下の通り。

テックキャンプデザイナー転職で学べるスキル

  • デザインの基本原則
  • コンセプト設計
  • デザインの企画提案
  • Webサイトの構成
  • LPの制作
  • ホームページ制作
  • レスポンシブデザイン
  • Illustratorの使い方
  • Photoshopの使い方
  • Figmaの使い方
  • バナー/アイコン制作
  • 画像加工
  • 画像の切り取り
  • HTML/CSS
  • JavaScript
  • jQuery
  • レスポンシブ対応
  • Web制作の流れ

プロのデザイナーから見ても、実務に必要なスキルは全て網羅されているので、たしかにこれらを全て習得できればデザイナーとして仕事は可能だといえます。

学習時間も600時間と謳っておりますし、実際600時間このカリキュラムに投下すればそこそこ現場でも通用するデザイナーにはなれるでしょう。

個人的にはコンセプト設計/リサーチといったカリキュラムが組まれているのは高評価。

多くのWebデザインスクールはテックキャンプほど学習期間が長くないため、がっつり触れない領域ですが、実務ではコンセプト設計は「しっかり説明できるデザイン」をするために必要なので、結構大事なポイントです。

学習スケジュール(短期集中スタイル)

テックキャンプでは最短3ヶ月以内にデザイナーとして転職できるレベルまでの学習が可能となっており、学習のスケジュールはこのようになっています。

1~2週間目 : デザイン基礎学習
デザインの基本原則
• フォントの選び方
• 配色
• 画像の取扱い
• コンセプト設計/リサーチ
3~7週間目デザイン・コーディング演習
•Webサイトの基本構成
• ランディングページの制作
• ホームページの制作
• レスポンシブデザイン
• Illustrator/Photoshop/Figma
の基本操作
• バナー/アイコン制作
• 画像加工、画像の切り抜き
• HTML/CSSの基礎
• メタタグの書き方
• JavaScript/jQuery基礎
8~10週目 最終課題・キャリアアポート
•リサーチ、コンセプト設計
• 最終課題制作
• 成果物発表会
• 転職/独立サポート

見てもらえれば分かる通り、3~7週間ほとんど演習となっており、かなり実践型なカリキュラムになっています。

テックキャンプデザイナー転職の料金

料金については2つのコースがあり、学習期間によって差があります。

短期集中スタイル

受講料 : 648,000円(税抜)

支払い方法 : クレジット一括・銀行振込・口座分割

→入会金不要、月々21,200円から受講可能

夜間・休日スタイル

受講料 : 848,000円(税抜)

支払い方法 : クレジット一括・銀行振込・口座分割

→入会金不要、月々46,600円から受講可能

短期集中スタイルと夜間・休日スタイルの差額は20万円ということで、どちらのコースを選択するかでも大きく変わってきます。

料金についてはやはり転職保証をつけているだけあって、高額な料金設定。

とはいえ、同じ目的を持つデザイン専門学校と比べると遥かにコスパは良いですね。

一般的なデザイン専門学校が年間130万円(2年制だと総額300万ほど)なので、ほぼ半額で抑えられるのは悪くはないかなと思います。

短期集中スタイルと夜間・休日スタイルどっち?

この両者で迷われる方も多いと思うので軽く選び方を解説すると、短期集中スタイルは10週間での学習となっており、その名の通り短期型です。

料金が抑えられるという大きなメリットはあるものの、日中の時間確保が必須となり、仕事をやめた社会人や休暇中の学生など学習時間を確保できることが条件としてあります。

結論、仕事をしながら学ぶのであれば「夜間・休日スタイル」ですぐにでも転職したい方は「短期集中スタイル」といった選び方になります。

無料体験あり!

テックキャンプデザイナー転職を受講した人の体験談

2019年受講・Kさん(顔出しNG)
・テックキャンプデザイナー転職を受講
・現在はベンチャー企業でWebデザイナーとして勤務

テックキャンプデザイナー転職の良かったこと

受講してみた上での感想を教えて下さい!

何が一番良かったかと言われると、無事に転職できたことですね(笑)

受講スタート時はデザインの知識どころかIT系の知識も不安な状態からだったので、苦戦しつつもちゃんと今デザイナーとして仕事できているのは自分でも不思議なくらいです。

本当に初心者って感じからスタートしたんですね。

そうですね。とにかく毎日が必死でした。

僕は短期集中スタイルというコースだったんですが、周りの子がどんどん進んでいくので焦りもありましたし、分からないところはとにかく質問しまくってました。

特にコーディングのときは、プログラミングも未経験だったので右も左も分からないまま、かなりつまずきまくってたので質問できない環境だったら絶対ムリでした。

なるほど、質問できるのは助かりますね。教材とかカリキュラム自体はどうでしたか?

カリキュラムについては事前にこういうスケジュールで進めますという話をカウンセリングのときに聞いていたので、難しいことは何も考えずにしっかりやり切れるように頑張りました。

ちゃんと学習のロードマップが明確になっているので、デザイナーに必要なスキルすらよく分かっていない僕にはかなり助かりましたね。

教材も初心者目線で非常にわかりやすかったです。

たしかに。デザインって結構抽象的なイメージが強くて、何を勉強すれば良いか分からない人は多そうです。

あとあれですね。教室があるのはやる気に繋がりましたね(笑)

他のWebデザインスクールも検討していたのですが、オンラインと教室の両方に対応していたのがテックキャンプだったんですよ。

僕は都内に住んでいて、奇跡的に自宅からも近かったので教室に通っていました。

自分以外の人が勉強しているのも目にしますし、オフラインの良さを感じました。

テックキャンプデザイナー転職の悪かったところ

ネガティブな意見も聞いておきたいのですが、なにかありますか?

そうですね…。

これは僕の問題でもあるんですが、スケジュールに余裕はなかったですね(笑)

とにかく朝から晩までずっと勉強って感じでしたし、あんなに勉強したのは大学受験以来です。

当時は会社をやめた直後で早く就職しないと貯金が尽きる…といった危機的状況だったので、必死にやってました。

やっぱりゴリゴリ詰め込み教育って感じですか?

僕の行った短期集中スタイルは比較的そうですね。早く就職したかったので目的にはピッタリ合っていましたが。

メンターの方と話したりしていても、未経験からデザイナーになるのは大変だというのは常々聞かされていたので、とにかく量をこなしてやるしかない!と思って愚直にアドバイスを貰いながらやっていました。

こうして話を聞いてみると、受講する上で講師の方のサポートが大きかったんですね。

いや、本当そうですね。

僕も必死でしたし、メンターの方も良い意味で必死なんですよ。

お互いに熱量を持って学習に望めましたし、彼らのサポートがなければとっくに挫折していたと思います。


受講者インタビューまとめ

  • 未経験からでも無事に転職成功
  • 分からないところは質問しまくっていた
  • オフラインの良さは他の人の頑張りが見えること。良い影響を受ける
  • 教材は初心者目線で非常に分かりやすかった
  • スケジュールに余裕はなかった。毎日とにかく必死
  • メンターがしっかりサポートしてくれるので挫折はしなかった(モチベーション維持◎)

テックキャンプデザイナー転職の口コミ評判

テックキャンプデザイナー転職のデメリット

学習スピードが早くてついていくのが大変だった。30代女性(大阪)

ちらほら目立つのが学習スピードに関する口コミで、多くが短期集中スタイルを受講している方の声でした。

やはり短期での学習となると詰め込み教育になりがちなので、仕方がないところかもしれませんが、マイペースに学習したいという方は「短期集中スタイル」は避けたほうが良いかもしれません。

転職活動のノルマが厳しすぎる。最低20社はエントリーする必要があったので必死でした。20代男性(東京)

これはカリキュラムではなく、転職活動に関する口コミですがテックキャンプでは20社以上のエントリーを推奨しており、それらを達成するのが大変だっという声。

テックキャンプは転職保証付きなので、転職失敗した場合は全額返金されますが、このノルマを達成した上で転職出来なかった場合のみ返金されるようなので、必ずこの20社以上のエントリーは必須のようです。

良くも悪くもスパルタ教育といった印象の声が多いです。未経験からデザイナーになるのですから生半可な気持ちだと挫折する可能性も。

テックキャンプデザイナー転職のメリット

講師のサポートが丁寧で挫折しにくい環境でした。20代男性(東京)

メリットとして講師のサポート体制を高く評価し、学習環境としては素晴らしいという声。講師だけでなく、テックキャンプでは同期もいるので仲間と一緒に切磋琢磨できるようになっています。

テックキャンプに通う方の中には独学でチャレンジしたが挫折してしまったという人が通うケースもあるようで、一度挫折してしまった経験がある人でも講師という一定の強制力があることで継続できる環境になっているようです。

基本的に質問し放題なので、未経験者でもつまずいた際のフォローアップがあるので安心ですね。

専属のライフコーチがサポート

  • 定期的に学習計画を立てます
  • 日々の学習の進み具合を確認し必要に 応じてプッシュをします
  • キャリアアドバイザーが就活に関する 適切なフィードバックを行います
  • 学習内容以外の相談にものります

教材が丁寧でわかりやすかったです。20代女性(名古屋)

テックキャンプではオリジナルの教材をベースに学習を進めるのですが、カリキュラムの質は口コミを見てもかなり高いようです。

自習形式での学習がメインなので、教材は徹底して作り込んでおり、情報が古くならないように随時アップデートを重ねています。

ネガティブな口コミでスパルタ教育だという話をしましたが、その反面カリキュラムは丁寧でわかりやく、学習環境としては高評価だという声が多いです。

テックキャンプデザイナー転職がおすすめな人

最後にどんな人がテックキャンプデザイナー転職に行くべきなのかをまとめます。

テックキャンプデザイナー転職がおすすめな人

  • 本気で転職したい人
  • 粘り強くコミットできる人
  • 最短距離でWebデザイナーになりたい人

ここまで解説した通り、テックキャンプの特徴は「徹底した実践型カリキュラム」にあります。

特に短期集中スタイルを選ぶ方は甘くはないのでしっかりコミットできる人が望ましいでしょう。

また、Webデザインを学ぶには書籍やネットなんかもありますが、テックキャンプを選ぶ最大のメリットは最短距離で学習できることが挙げられます。

本気でデザイナーになりたい、早く転職成功させたいという人にはベストな環境になると思います。

無料体験あり!

プロが選ぶ!Webデザインスクールおすすめ6社を徹底比較

関連記事 : 【最新】Webデザインスクールおすすめ6社を徹底比較

おすすめのWebデザインスクール

  • Code Camp

    数あるWebデザインスクールの中では特におすすめしたいスクール

    評価
    おすすめポイントレッスン無制限でいつでも学べる
    特徴分からないところを詳しく聞けるマンツーマンレッスン

    【2ヶ月プラン】148,000円 【4ヶ月プラン】248,000円 【6ヶ月プラン】298,000円

  • Tech Academy

    最も費用を抑えることのできるWebデザインスクール!

    評価
    おすすめポイント専属のパーソナルメンターがつく!
    特徴Webサイトだけでなく、アプリのデザインも受講できる

  • 侍エンジニア塾

    最短1ヶ月で受講でWebデザインを習得できる!

    評価
    おすすめポイント完全オーダメイドのカリキュラム
    特徴マンツーマンレッスンでオリジナルWebサイト作成を目指せる

    【4週間プラン】一般 ¥69,800 (税抜) / 学生 ¥62,820 (税抜) 【12週間プラン】一般 ¥209,400 (税抜) / ¥177,990 (税抜)