【最新】1万円台のおすすめ格安スマホ7選!徹底比較

今回は、とにかく安い、1万円台で購入できるスマートフォンを一挙ご紹介。

安く、性能の良いスマホとなってくると、かなり機種も限られてしまいますが、普段使いを考えた上でおすすめしたいものを激選しました。

ぜひ参考にして頂けると幸いです。

1万円台おすすめスマホ① Rakuten Mini

 Rakuten mini
画面サイズ3.6インチ
解像度720×1,280
カメラメインカメラ 約1,600万画素 フロントカメラ 500万画素
バッテリー容量1,250mAh
CPUQualcomm® Snapdragon™ 439
内蔵メモリ(RAM/ROM)RAM 3GB / 32GB
サイズ約53.4mm×106.2mm×8.6mm
重量約79g
防水・防塵対応対応
ハイレゾ非対応
生体認証指紋認証、顔認証
価格約17,000円

最初にご紹介するのがRakuten miniというスマホ。 世界最小、最軽量ということで、とにかくコンパトな設計。 必要最低限の機能ではりますが、おサイフケータイに対応した数少ないスマホです。 Rakuten miniは楽天モバイルをあわせて契約することでかなり割引がされます。(直近のキャンペーンだと1円に) 楽天モバイル自体、月額2,980円と、月々の通信費を一般的な大手キャリアよりかなり安くすることができるので、rakuten miniを購入するならぜひとも合わせて乗り換えたいところ。 必要最低限で良い、とにかく安いスマホという方におすすめです。 【公式】Rakuten mini 楽天モバイル [card id ="7024"]

1万円台おすすめスマホ② HUAWEI nova lite 3

 HUAWEI nova lite 3
画面サイズ約6.21インチ
解像度2340 x 1080
カメラメインカメラ 1300万画素+200万画素
インカメラ 1600万画素
バッテリー容量約3400 mAh
CPUHUAWEI Kirin710 オクタコア
内蔵メモリ(RAM/ROM)RAM 3GB / ROM 32GB
サイズ約73.4×155.2×7.95mm
重量約160 g
防水・防塵対応非対応
ハイレゾ非対応
生体認証指紋認証、顔認証
価格約18,000円

次にご紹介するのが、こちらのHUAWEI nova lite 3。
約6.21インチの大きなディスプレイを搭載しており、ノッチ部分も非常に小さいので前面のほとんどがディスプレイ部分になるので、かなり迫力のある映像が楽しめます。
外観のデザイン性も非常に高く、価格の割には安っぽくない、美しいデザインで、3D湾曲デザインという曲線のボディになっているので、持っていても手にすごく馴染みます。
カメラ性能についても十分に使えるレベルなのですが、中でも特徴的なのがインカメラの1600万画素。
最近では自撮りの需要も高くなっているので、インカメラもかなり高画質で撮影ができます。
1万円台で手に入るスマホとしては非常にコスパも良く、普段使いする分にはなんら問題ありません。

1万円台おすすめスマホ③ UMIDIGI A5 Pro

 UMIDIGI A5 Pro
画面サイズ6.3インチ
解像度1080×2280
カメラメインカメラ 1600万画素+800万画素(広角)+500万画素
バッテリー容量4150mAh
CPUMediaTek Helio P23/MT6763
内蔵メモリ(RAM/ROM)RAM4GB / ROM 32GB
サイズ156mm×75.9mm×8.2mm
重量203g
防水・防塵対応非対応
ハイレゾ非対応
生体認証指紋認証、顔認証
価格約17,000円

続いて紹介するUMIDIGI A5 Proは、いわばエントリーモデル。
とはいえ、ディスプレイも非常に綺麗でau、ソフトバンク、ドコモの3回線にも対応。
そして特に目を引くのがバッテリーです。
4150mAhととにかく大容量。ヘビーユーザーでもない限り、バッテリーは数日は持ちそうです。
そしてカメラについてですが、こちらはまさかのトリプルカメラ。
ここまでコストを抑えているのにも関わらず超広角カメラを搭載しており、ポートレートなどのボケ味を活かした撮影も可能に。
1万円台でカメラにもこだわりたい方にはピッタリ。

1万円台おすすめスマホ④ UMIDIGI Power

 UMIDIGI Power
画面サイズ6.3インチ
解像度1080×2340
カメラメインカメラ 1600万画素
フロントカメラ 1600万画素
バッテリー容量5450mAh
CPUMediatek Helio P35
内蔵メモリ(RAM/ROM)RAM 4GB / ROM 64GB
サイズ約157 x 74.5 x 8.8mm
重量約190g
防水・防塵対応非対応
ハイレゾ非対応
生体認証指紋認証、顔認証
価格約15,000円

お次もUMIDIGIから出ているスマホ。
先程のUMIDIGI A5 Proと基本スペックは大きくは違わないのですが、UMIDIGI A5 Proがトリプルカメラなのに対し、こちらはデュアルカメラとになっています。
その代わり、バッテリーが5450mAhと大幅にアップ。
カメラ性能よりバッテリー性能を重視したい方向けです。

1万円台おすすめスマホ⑤ Blackview BV5900

 Blackview BV5900
画面サイズ5.7インチ
解像度1520×720
カメラメインカメラ 1300万画素+30万画素
フロントカメラ 500万画素
バッテリー容量5580mAh
CPU
MediaTek Helio A22 MT6761 Quad-core 2.0GHz
内蔵メモリ(RAM/ROM)RAM 3GB / ROM 32GB
サイズ約159 x 80 x 15mm
重量268g
防水・防塵対応IP68/IP69K
ハイレゾ対応
生体認証顔認証、指紋認証
価格約18,000円

外観がすこし変わったBlackview BV5900というスマホ。
いわゆるアウトドアスマホというもので、アウトドアを楽しむ方が持ち運ぶのに適したスマホです。
どういうことかと言うと、1 万円台のスマホの多くは、防水や防塵へ対応していることが少ないのですが、こちらのスマホはしっかり対応。
衝撃にも非常に強く、万が一の落下にも安心です。
またNFCにも対応しているので、スマホで決済をすることも可能。
バッテリーもかなり大きく5,580mAhもあるので、長時間の使用も問題ありません。
普段使いするにはやや重く、アウトドアをよくされる方や、とにかく衝撃や防水・防塵に強いスマホを求めている方におすすめです。

1万円台おすすめスマホ⑥ Blackview A60 Pro

 Blackview A60 Pro
画面サイズ約6.1インチ
解像度1280×600
カメラメインカメラ 800万画素
フロントカメラ 500万画素
バッテリー容量4080 mAh
CPUMediaTek Helio A22 (MT6761)
内蔵メモリ(RAM/ROM)RAM 3GB / ROM 16GB
サイズ約156.8mm×74mm×9.8mm
重量約190g
防水・防塵対応非対応
ハイレゾ対応
生体認証指紋認証、顔認証
価格約9,000円

こちらも普通に使う分には問題なく動作します、価格も非常に安く、とにかく安いものを求める方にはおすすめ。
ただ、これまで紹介したスマホのように十分なカメラ性能はなく、とりあえず撮れはする…といったレベルで、あまり綺麗とはいえないです。(手ブレにも非常に弱い)
ROMも16GBなので、沢山のアプリやデータをいれることも出来ませんし、やはり価格とトレードオフになってしまいます。
本当にメールやネットぐらいしかやらないという方は、1番安く済むスマホです。

【まとめ】1万円台おすすめスマホ

1万円台ということで、価格的には大きな差はありません。
基本スペックもほとんど同じではあるのですが、カメラを重視するのか、バッテリーを重視するのかでも大きく変わってきます。
個人的には必要最低限の機能でとにかく安く抑えるのであれば、Rakuten miniと楽天モバイルを同時に契約して、一気に費用を抑えます。これであれば初期費用もその後の費用も低コストになりますし。
一定、スペックにもこだわりたいというのであれば、HUAWEI nova lite 3が無難かなと。
ぜひ、自分にあったスマホを選んでみて下さい!

合わせて読みたい関連記事

[card id="6749"][card id="6455"][card id="6678"][card id="6875"] ]]>