【レビュー】スマート家電コントローラRS-WFIREX3の話【アレクサ対応】

ガジェット

先日、公開した【2018年】Amazonで買って良かったものでもご紹介した「RS-WFIREX3」

まだ詳しいレビューをしていませんでしたので、ここで改めて書きます。

初のスマート家電を導入して、数ヶ月経ちましたので、現在の使い方など参考にしてもらえる部分はあるかと!

それではいきましょう。


RS-WFIREX3のレビュー

今回、スマートリモコンを購入にあたって考慮したのが次の3つ。

・Amazon Echo(アレクサ対応)であること
・赤外線が広範囲まで届くこと
・Amazonで購入できること

色々見てみた結果、これらに該当していたのが、RS-WFIREX3でした。

RS-WFIREX3では、Alexaのスマートホームスキルに対応しており、あらかじめ連携が取れるようになっているので、Amazon Echo側でもスムーズに設定できます。

設定や操作をするアプリに関しても、自宅にあるリモコンを登録する際にプリセットが多く用意されていたので、使っている機種を選択するだけで瞬時に設定完了できました。
もちろん、プリセットがない場合でも登録は可能。

軽量で小型なので、場所も取らないので、机の上に置いています。赤外線もよく飛ぶのでエアコンや照明など離れた家電も操作できます。(有効距離20m)

個人的なメリットとデメリットの話

音声認識で家電が操作できるのが、なによりもメリットといいますか、最終的なゴールになるわけですが、これはもうとにかく素晴らしい。

冬の寒い時期、布団から出ること無く声でエアコンを操作し、部屋が十分に暖かくなってから出るなんてことも可能なわけで、日常のほんの一コマが一気に楽になります。

設定さえしてしまえばスマホひとつで外からでも操作できるので、帰宅前に照明をつけておくことも出来ますし、外出時の「エアコン消したっけ?」なんて心配でもすぐに確認ができます。

(本体に環境センサーがついているので、部屋の温度や湿度もスマホから確認できる)

デメリットとしては、常に電源供給が必要なことぐらいです。USB接続で使用できるのですが、僕はこれにiPhoneのACアダプタをつけてコンセントに繋いでいます。

部屋で使える電源コンセントの空きがなかったので、慌てて電源タップを購入しましたね。汗

数ヶ月たっての使用感

やはり導入直後はそのテクノロジーに惹かれていることもあり、ウキウキしながら毎回使っていました。

しかし、いざ数ヶ月たってみると、家電コントローラーは完全に生活に溶けこんでおり、家電はすべて声で操作するものという認識に代わりつつあります。

先日、Twitterで子供がスマートスピーカーと会話しているというツイートを見かけましたが、このまま進めば家電はもはやリモコンで操作するものではなくなるかもしれませんね。

そんなこんなでRS-WFIREX3のレビューでした。

2018年、買ってよかったものに堂々とランクインしているほど、個人的にめちゃくちゃおすすめの商品なので、ぜひ興味がある方は検討してみてはどうでしょうか。