OPPO Reno3 5Gとはどんな機種?特徴・基本スペックをレビュー

OPPO Reno3 5G
画面サイズ 6.55インチ
解像度 1080 x 2400px (フルHD+)
カメラ メイン:約4800万画素+望遠 約1300万画素+超広角 約800万画素+モノクロ 約200万画素 前面 : 約3200万画素
バッテリー容量 4025mAh
内蔵メモリ(RAM/ROM) 8GB・12GB / 128GB / 256GB
サイズ 159.4 x 72.4 x 7.7mm
重量 171g
5G
防水・防塵対応 非対応
ハイレゾ ☓(ステレオスピーカー、Dolby Atmos対応)
生体認証 指紋

OPPO Reno3 5Gの特徴① 約6.55インチの有機ELディスプレイ

特徴としてあげられるのが、約6.55インチの有機ディスプレイ。 画面占有率も93.4%と非常に見応えがあります。 ディスプレイには指紋認証センサーも搭載されているので、画面にタッチするとロック解除できます。

OPPO Reno3 5Gの特徴② 約4000万画素のメインカメラなど4つのカメラ

OPPO Reno3 5Gはとにかくカメラが優秀。 メインカメラは有効画素数が約4800万画素、サブカメラは約3200万画素と、かなり高画質。 メインカメラにいたっては望遠、超広角の撮影もできます。 今回のモデルは光学手ブレ補正機能もありますので、よりキレイな撮影に期待できます。

OPPO Reno3 5Gの特徴② 4025mAhの大容量バッテリー

そして、バッテリーがとにかく大容量。 4025mAhもあるので、充電の持ちも非常に良いです。 とはいえ、その分充電時間が気になるところですが、急速充電にも対応しているとのこと。 20分で50%充電、56分でフル充電なので、めちゃくちゃ速い。

OPPO Reno3 5Gレビューまとめ

魅力としてはこの3つ。 ただ、好みとしてディスプレイが大きすぎると感じる人も多いでしょうし、大容量バッテリーを搭載していることで重量が171gもあるので、スマートフォンの中ではずっしり大型のモデルになっています。 特に女性からすると扱いにくさはありそうです。 そして、プロセッサについてですが、クアルコム製のSnapdragon 765Gを搭載。 RAMも8GBあるので、処理能力は抜群に高いです。これであればゲームアプリもサクサク動くでしょう。

OPPO Reno Aとはどんな機種?特徴・基本スペックをレビュー

OPPO Reno A
画面サイズ 6.4インチ
解像度 2340 x 1080
カメラ 1600万画素(f/1.7)+200万画素(f/2.4) 2500万画素(f/2.0)
バッテリー容量 3600 mAh
内蔵メモリ(RAM/ROM) RAM6GB/64GB・128GB(楽天モバイル限定)
サイズ 158.4mm×75.4mm×7.8mm
重量 約169.5g
5G ☓(4G)
防水・防塵対応 IPX7/IP6X
ハイレゾ
生体認証 指紋・顔

OPPO Reno Aレビューまとめ

続いてOPPO Reno Aについてですが、こちらは以前にAQUOS sense3とOPPO Reno Aの比較記事を書きましたので、こちらで詳しい魅力についてはご紹介しています。 [card id="6539"] 簡潔にまとめると、OPPO Reno Aも魅力はディスプレイと処理能力にあります。

【比較】OPPO Reno3 5GとOPPO Reno Aの違いは?

OPPO Reno3 5G OPPO Reno A
画面サイズ 6.55インチ 6.4インチ
解像度 1080 x 2400px (フルHD+) 2340 x 1080
カメラ メイン:約4800万画素+望遠 約1300万画素+超広角 約800万画素+モノクロ 約200万画素 前面 : 約3200万画素 メイン : 1600万画素(f/1.7)+200万画素(f/2.4) 前面 : 2500万画素(f/2.0)
バッテリー容量 4025mAh 3600mAh
内蔵メモリ(RAM/ROM) 8GB・12GB / 128GB / 256GB RAM6GB/64GB・128GB(楽天モバイル限定)
サイズ 159.4 x 72.4 x 7.7mm 158.4mm×75.4mm×7.8mm
重量 171g 約169.5g
5G ☓(4G)
防水・防塵対応 非対応 IPX7/IP6X
ハイレゾ ☓(ステレオスピーカー、Dolby Atmos対応)
生体認証 指紋 指紋・顔

OPPO Reno3 5GとOPPO Reno Aの比較① ディスプレイ

まずはディスプレイですが、両者6インチを超えた大きなディスプレイを搭載しています。 OPPO Reno3 5Gのほうがわずかに大きく、ボディ自体も高さが少しあるくらいで、幅や厚みはOPPO Reno Aより薄いので、ディスプレイに対してかなり洗練された設計に。 また大きく違うのが、前面のカメラです。 OPPO Reno3 5Gはいわゆるパンチホール型。 OPPO Reno A」は水滴型ノッチとよばれるデザインです。 これはもう完全に好みですが、外観もかなり変わってきます。

OPPO Reno3 5GとOPPO Reno Aの比較② バッテリー

OPPO Reno3 5Gの売りである4025mAhの大容量バッテリー。 OPPO Reno Aが3600mAhなのでかなりパワーアップしています。 正直、3600mAhでも十分な気がしますが、より持続時間を求める方に向けて4025mAhの安心感はありますね。 これだけあると、フル充電で一日使い倒しても全然切れないでしょうし、酷使しなければ3日ぐらい持ちそうです。

OPPO Reno3 5GとOPPO Reno Aの比較② カメラ性能

カメラ性能に関してもその差は歴然です。 メインカメラはもちろん、インカメラもすでにOPPO Reno Aで2500万画素あり、自撮りに強いカメラだという印象ですが、それもまた大きく超えてきました。 OPPO Reno3 5Gは単に画素数でメインカメラ、サブカメラ共にOPPO Reno Aを上回っています。 それに加えて、メインレンズ、超広角レンズともに搭載された手ブレ補正。 写真はもちろん、映像にも補正が適用されるので、動きのあるシーンでもかなり綺麗にブレなく撮影が可能です。 個人的に公式で紹介されている5倍ハイブリットズームについてはまぁまぁって感じでしたが、2.5cmまでの接写ができるマクロモードは驚きました。 植物や花はもちろん、テーブルフォトもかなり良い写真が撮れそうです。

どっちがおすすめ?OPPO Reno3 5GとOPPO Reno A

ということで、比較して見ていきましたが、結局どっちがおすすめなのでしょう。 結論としてはもちろん、基本性能は格上げされているOPPO Reno3 5Gがおすすめ。 また、5G対応スマホということで、中長期で見ても買って損はなさそうです。 懸念としては価格で、まだソフトバンクから公式発表はないものの、おそらく5万円後半から6万円の価格帯が予想されます。 コスパ視点で3万円台で購入できるOPPO Reno Aが魅力的に映ってしまいます。 正直5G開始といえど、まだエリアは限定的ですし、予算的に厳しいのであれば無理せずにOPPO Reno Aでも十分に満足できると思います。 ですが、今回の写真性能や大容量バッテリーといったパワーアップに魅力を感じるのであれば、これからのことを考えてやはりOPPO Reno3 5Gを選択するのが良いでしょう。 以上、「OPPO Reno3 5G」と「OPPO Reno A」の比較レビューでした。 「OPPO Reno A」のみSIMフリー版が購入可能です。 [itemlink post_id="6587"] なお、OPPO Reno3 5Gはソフトバンクでの独占販売になります。 購入・予約はソフトバンク公式ショップからできます! ソフトバンク公式ショップ 追記 OPPO Reno3 Aという後継機も発売されました。 [card id ="7345"]

【合わせて読みたい】OPPO Reno3 5Gの関連記事

[card id ="6560"]

【最新】中華スマホランキング

[card id ="7054"]

ソフトバンクの5G対応スマホ

[card id ="6678"]]]>

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。