【レビュー】XiaomiからRedmi Note 9Sが発売!Mi Note 10 Liteとも比較

大手中国スマホメーカーのXiaomiが、「Mi Note 10 Lite」「Redmi Note 9S」の2機種を発売すると発表。

「Mi Note 10 Lite」については、以前にこちらの記事でご紹介しています。

これは、とんでもないコストパフォーマンスの機種が、本格的に日本市場に参入してきました。

これまで、格安スマホに興味のなかった人も、乗り換えることが今後多くなってくるんじゃないでしょうか。

さて、今回のRedmi Note 9Sですが、2万円台のスマホということで、価格的にも購入しやすいので、ぜひ参考にして頂ければと思います。

同時発売のMi Note 10 Liteとも比較してみるよ!

Redmi Note 9Sレビューはどんな機種?特徴・基本スペックをレビュー

Redmi Note 9S
画面サイズ 6.67インチ
解像度 1080×2400
カメラ メインカメラ 4800万画素+超広角800万画素+マクロ500万画素+ポートレート200万画素
フロントカメラ 1600万画素
バッテリー容量 5020mAh
SoC Qualcomm Snapdragon 720G
内蔵メモリ(RAM/ROM) 4GB・6GB / 64GB・128GB
サイズ 165.8 x 76.7 x 8.8mm
重量 209g
防水・防塵対応 対応
ハイレゾ 対応
生体認証 指紋認証・顔認証

Redmi Note 9S基本スペックレビュー① 処理性能

価格が2万円ともなると、不安なのが処理性能です。

どれだけ安くても、ろくにアプリが立ち上がらないようじゃ使い物になりません、とはいえ品質も高いXiaomi。

今回のRedimi Note 9Sは、Snapdragon 720Gというチップセットを搭載。

このSnapdragon 720Gは、かなりハイエンド寄りで、高い処理性能をもつものです。

つまり、低価格ながら、ほぼ上位モデルと同等のチップを搭載していることに。

ちなみに実際のスコア(パフォーマンス)を見てみると、同じく発売されたXiaomi Mi Note 10 Liteよりも性能が良い。

今回の発売で言うと、上位に位置付けされているのがXiaomi Mi Note 10 Liteであり、Redimi Note 9Sはあくまでエントリーモデルとして位置付けされています。

ですので本来であれば、Redimi Note 9Sの方は性能が低くなるはずなのですが、なぜか処理性能はこちらの方が高いです。

Redmi Note 9S基本スペックレビュー② カメラ性能

メインカメラは4800万画素の広角が搭載され、その他、800万画素の超広角、200万画素のToFカメラ、500万画素のマクロカメラがついている。

2万円でこれだけ搭載されていれば、十分すぎる。

ちなみにこればかりは、Mi Note 10 Liteの方が性能は優れています。

Redmi Note 9S Mi Note 10 Lite
カメラ メインカメラ 4800万画素+超広角800万画素+マクロ500万画素+ポートレート200万画素
フロントカメラ 1600万画素
メインカメラ 6400万画素+800万画素+500万画素+200万画素
フロントカメラ 1600万画素

カメラにはこだわりたいという方は同時発売のMi Note 10 Liteが良いでしょう。

Redmi Note 9S基本スペックレビュー③ ディスプレイについて

そしてディスプレイですが、Redmi Note 9Sはまずまずといったところ。

すなわち普通です。2万円であれば全然これでも良いかなと思いますが。

これについても有機ELを搭載しているMi Note 10 Liteが優れているなという印象です。

【比較】Mi Note 10 LiteとRedmi Note 9S

今回の発表は前述の通り、Mi Note 10 LiteとRedmi Note 9Sの2機種が発売されるというもの。

  • Mi Note 10 Lite(Mi Note 10の廉価版)
  • Redmi Note 9S(コスパを求めたエントリーモデル)

お互いに違うシリーズではあるものの、コスパが高いモデルになります。

ここまでRedmi Note 9Sをご紹介してきましたがカメラ性能、ディスプレイに関してはMi Note 10 Liteの方が良いです。

ただし、Redmi Note 9Sは処理性能が高く、価格的にもおよそ1万円安い。

カメラやディスプレイに大きなこだわりがなければ、非常にコスパの良い選択になります。

【まとめ】Redmi Note 9Sはエントリーモデルとして優秀

さて、ここまでの紹介でRedmi Note 9Sがどんなスマホなのかは分かってもらえたとは思います。

結論、Redmi Note 9Sはエントリーモデルとして非常に優秀で、2万円台でスマホを手に入れるなら間違いない選択かなと思います。

安く、良いスマホを、という方はぜひ検討してみてはどうでしょうか。

同時発表されたMi Note 10 Liteの関連記事

Xiaomi Mi Note 10 Liteレビュー!これは良い廉価版スマホ

もう少し価格が上がっても良いから、カメラとディスプレイにこだわりたいという方向けです!

【最新】中華スマホランキング

【最新モデル】中華スマホおすすめランキングベスト5【コスパ最強】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。