光熱費・公共料金は口座振替ではなくクレジットカード払いが良い理由

Money

みなさんは公共料金は何で払っていますか?

払込用紙でコンビニ払いの方や、口座振替、クレジットカード払いの方と様々でしょう。

結論から言わせて頂くと、クレジットカード払い以外の方は、年間に数千円以上を損をしている事になります。
それは何故なのか?今回は、クレジットカード払いにして良いメリット、デメリットについてお話していきます。


クレジットカード払いにするメリット

ポイントが貯まる

クレジットカード払いの大きなメリットしてポイントとして還元されることが挙げられます。

カード会社によって還元率は変わってきますが、1~2%のものが多くです。
たった1~2%と思われるかもしれませんが、光熱費・公共料金はじめ 月々払っている固定費を全てカード払いにすると結構大きな額になります。

 参考までに主な固定費を載せておきます。
・家賃
・電気、ガス、水道
・携帯電話料金
・NHK受信料
・プロバイダ料金

これだけのものを毎月数万円も支払っているのです。そう考えると支払った分の1~2%とはいえ、カードのポイントとして戻ってくると年単位でそこそこの額になりますよね。

支払日をまとめられる

クレジットカードは毎月引き落としの日が決まっています。引き落としがバラバラな公共料金も、カードの引き落とし日に集約できるので、管理が圧倒的に楽です。

更に、払込用紙なんかだと公共料金の支払いなど、ついつい忘れがちですが、勝手に引き落としてくれるので払い忘れがないというのも良いですね。

明細の確認がしやすくなる

日々、家計簿をつけている方なんかはよく分かるかと思いますが、公共料金等の明細を確認したい時に各会社ごとの明細を確認しなければならないのが大変ではないですか?

カード払いだと全ての明細がカードの明細1つで済むので、何にいくら払ったのかをすぐに確認することが出来ます。

クレジットカード払いによるデメリット

カードの利用限度額が減ってしまう

カードには毎月の限度額があります。毎月10万円とかの利用限度額の方だと固定費をカード払いにするとその分、他の支払いでカード払いをする余裕がなくなってしまいますので、注意が必要です。

もちろん限度額を上げたりすることは可能ですので、その場合は各カード会社にお問い合せください。

まとめ

今回はクレジットカード払いにするメリット、デメリットについてお話しました。

支払い方法を買えるだけで、毎月の固定費が還元され、利用明細などの管理もしやすくなると思うと、最善の選択ではないかと思います。

私自身も毎月クレジットカード払いにしているので、還元された分のポイントでショッピングを楽しんだりしています。

ぜひ、この機会に支払い方法の見直しをすると良いでしょう。
はじめてのクレジットカードは三井住友VISAクラシックカードがおすすめです。