HHKB Type-Sを1年使い倒した上でおすすめする理由【レビュー】

@sakayu9803)です。 以前にAppleのMagic Keyboardのレビュー記事を書きました。 詳しくはその記事を見てもらえれば分かるのですが、Magic Keyboardがあまり馴染まず、結果的に新しいキーボードに乗り換えました。 そこで、新しいキーボードとして選んだのがHHKBです。

HHKBってどんなキーボード?

PUFが出しているキーボードで、文字入力がしやすいと評判の良い高級キーボードです。 日々大量に文字を打ち込むライターや、エンジニアといった職種の人達に根強い人気を誇り、玄人志向の商品。 有線、Bluetoothのものなど様々なタイプが有り、黒と白のカラーリングがあります。 僕が今回購入したのはHappy Hacking Keyboard Professional JP Type-Sと呼ばれるもので、Type-Sという静音性の高いモデルになります。 ちなみにこのType-Sは有線かつ、白のモデルしか出ていないので注意が必要です。 本来はBluetoothのものが良かったのですが、Amazonなどのレビューで接続が悪いといった書き込みがめちゃくちゃ多かったので、無難にこのモデルを選びました…。

【レビュー】HHKBを使ってみて分かった感想

キーストロークが深く打ちやすい

実際にHHKBで文字を打ってみると、予想以上にキーストロークが深く、指がしっかり沈むのでタイピングしやすいです。 また、キーボードの配置もかなり独特で、ファンクションキーがなく、非常にコンパクトにまとまっています。 癖のある入力をするキーがあるので、そこはもう慣れかなと。

割とタイピングの音が大きい

多くのレビューでも指摘されていますが、タイピングの際の音が結構大きいです。 Type-Sのモデルを使っていても、これなので注意が必要。 個人的には自分で打って聞こえている分には問題ないですけど、カフェで隣の人がこれだったらキレそう。

パームレストは必須

このキーボード、高さが結構あるので、パームレストは必須です。 手首を傷めないためにも一緒に購入しておきましょう。 僕が買ったウッドパームレストは、同じPUFという会社のものです。 探せばもっと安いのもあるのですが、無性にキーボードとパームレストを同じメーカーで揃えたくなりましたね…。 [itemlink post_id="4840"]

まとめ

今こうしてHHKBのキーボードでブログを書いているのですが、めちゃくちゃ気持ちが良いです。 この文字をガシガシ打ってる感じはやみつきになる。 もう少し慣れるまで時間が必要ですが、慣れたらミスタイプも一気に減るだろうなと思っています。 今のキーボードに満足していない方、ぜひHKKBのキーボードを検討してみてはどうでしょうか。 [itemlink post_id="4841"]]]>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。