【購入レビュー】Colorful(カラフル)でLPを作るべし!クオリティーの圧倒的高さ

Colorful(カラフル)はどんなツール?主な特徴について

  1. とにかく簡単につくれる
  2. 膨大なテンプレート、カスタマイズ性

Colorful(カラフル)購入ページ

Colorful(カラフル)の特徴① とにかく簡単につくれる

Colorful(カラフル)の特徴は?と聞かれれば、この一言につきます。

「とにかく簡単にLP(ランディングページ)を作れる」

LPって非常に大事なページですが、予想以上に工数がかかり、コストも膨らみやすいです。

Colorful(カラフル)では、あらかじめテンプレートが用意されており、基本的にはそれらを編集してLPを作成します。

HTML、CSSといったWeb制作における知識がなくとも、WordPressでの記事作成のように、直感的にLPがつくれるのです。

Colorful(カラフル)の特徴② 膨大なテンプレート、カスタマイズ性

この手のツールで懸念としてあるのが、テンプレートの豊富さ、カスタマイズ性です。

テンプレートの数が少なく、デザインパターンも多く展開できないと、他社との差別化やアプローチの仕方もパターン化してしまいがち。

特にメルマガ登録LPなのか、セールスレターなのか、サービスページなのかでも変わってきます。

Colorful(カラフル)では、それぞれの用途別にテンプレートが用意されており、その数もかなり豊富。

レビューページ、ティザーページ、アフィリエイトページ、プロフィールページ、イベント集客ページ…などなど多岐にわたる用途に活用できます。

また、一般的なLP作成ツールではレイアウトが固定化されてしまうというデメリットがありましたがColorful(カラフル)では、パーツごとにワンタッチで設置できるようになっているため、自由自在にレイアウトの変更もできます。

ツールを使うと思い通りにできなくなるという従来の制約を見事に打破しているのはGoodですね。

Colorful(カラフル)を購入・実践してみた感想

アフィリエイター目線での感想

まずアフィリエイター目線での感想ですが、簡単に時間をかけずに作成できるので、時間短縮ができるという点で非常に助かっています。

LPってめちゃくちゃ時間をかけて作り込んでも、結果がついてこなければ、コンテンツの見直しやレイアウトの調整など改善が必要になってくるんですよね。

僕はCV(コンバージョン・成約)数をLPごとに測定しているので、都度改善をするのですが、そのPDCAを回すのに圧倒的にColorful(カラフル)だと早い。

純粋にコンテンツに集中できるので、売上ベースでもColorful(カラフル)の貢献度は大きいです。

デザイナー目線での感想

また、デザイナーでもあるので、デザイナー目線ですが、パーツの種類が豊富でどれも視認性が高く、ユーザービリティが高いです。

ですので、どんな素人がColorful(カラフル)を使ってLPを作っても、クオリティーの高いデザインになりますし、ユーザーからしても見やすく、理解しやすいLPが作れます。

最近よく見かけるフラットデザインのLPなんかは、今のトレンドにも沿っていて、たまに見かける古臭いLPとは無縁ですし、長期的に廃れないツールだと思います。

あと、入力フォームのデザインも豊富で高評価。

いわばCVにあたる重要な部分なのですが、ちゃんと作り込まれてて、すごいなと思いましたね。

かゆいところに手が届く配慮も見られ、とにかく直感的に使えるので誰が買っても満足度は高いだろうね。

Colorful(カラフル)はどんな人におすすめ?

Colorful(カラフル)をおすすめしたいのは、コストをかけずに手軽にLPを作成したい人。

LPなんて、まともに作ろうと思えば1ページつくるのに10万円以上しますし、発注先との連絡工数などを含めても、1万円以下でLPを作れるのはかなり良いですね。

内製化にすることで、コンテンツの改善なんかもすぐにできますし、ぜひとも試していただきたいツールです。

【まとめ】Colorful(カラフル)購入レビュー!

ということで、Colorful(カラフル)についてのレビューでした。

間違いなくLP制作ツールの中でもかなり優秀なものになっており、1カラムのLPを作るのであればぜひとも持っておきたいところです。

Colorful(カラフル)購入ページ