【初心者向け】ドリップコーヒーを始める上で必要な道具を紹介する

今回はコーヒーをおうちで楽しむために必要な道具を一挙ご紹介。

僕自身、家でコーヒーを淹れて飲みたい!と思い立ったものの、あまりの道具の多さに探すのにかなり時間を費やしました。

この記事を読めば、必要な道具が分かる上、実際に僕が購入したものをご紹介していますので、同じものを購入するだけでスグにおうちでコーヒーを淹れることができます。

ぜひ参考にして頂ければと思います!

初心者がコーヒーを淹れるために必要な道具

必要な道具① ドリップポット

まずはお湯を沸かすためのドリップポット。

お湯なんてやかんでも沸かせるじゃん!と思いがちですが、ドリップコーヒーはゆっくり時間をかけてお湯を注ぎます。

やかんや鍋だと口が広すぎて、細く時間をかけてお湯を注ぐことが非常に難しいんですよね。

先端の部分を見て頂ければ分かる通り、ドリップポットは口が細く、お湯が一気に出ないようになっています。

今回購入したのはHARIO(ハリオ) V60ドリップケトル・ヴォーノというポット。

Amazonでもベストセラー1位になっており、価格も2000円台で初心者におすすめです。

ガス火にもIHにも対応しています。

必要な道具② コーヒーミル

コーヒーを淹れるにあたって、醍醐味であり、憧れのあるコーヒー豆を挽く作業。

そこで必要になってくるのがコーヒーミルです。これにコーヒー豆を入れて粉末状にします。

おすすめは、Kalitaのコーヒーミル。

手挽きなので、グルグルとハンドルを回す手間はありますが、僕はこの豆を挽く作業を楽しみたいので手挽きのコーヒーミルを購入しました。

電動ミルが良いという方はこちらの商品もあります。

必要な道具③ コーヒードリッパーとコーヒーサーバー

さてお次はコーヒーをろ過する、ドリッパーとサーバー。

上部にあるのがコーヒードリッパーで、下でコーヒーを受け止めるのがコーヒーサーバーといいます。

今回ご紹介するのは1~2杯分のドリッパーとサーバーになります。

ドリッパーポットと同じくHARIOのV60という入門シリーズのものなので、とりあえずこれを買っておけば間違いなし。

価格も手頃で、初心者には向いています。

それと、忘れないでおきたいのがペーパーフィルター。

同じV60シリーズなので、サイズもぴったりです。

必要な道具④ コーヒーキャニスター

見落としがちですが、コーヒーキャニスターも間違いなくあると便利です。

500円ほどで購入でき、コーヒー豆の鮮度を保つためにも保管用の容器があると良いですよ。

ちなみに軽量スプーンは付属していました。

僕はついていないと思って別途購入してしまいましたが…笑
created by Rinker
HARIO(ハリオ)
¥632 (2020/10/28 09:08:09時点 Amazon調べ-詳細)

必須ではないがコーヒーが倍以上楽しくなる道具

ここからは、特に必須というわけではないですが、個人的に買ってみてコーヒーがより楽しくなった道具をご紹介していきます。

興味があるものがあれば、ぜひ検討して頂きたいですね。

必要ではないけどおすすめ道具① マグカップ

マグカップはすでにあるという家庭も多いかと思いますが、個人的に高評価のマグカップをあわせてご紹介。

THERMOSのマグカップなのですが、保温、保冷ができるマグカップで、水滴がつくこともありません。

さらに上部にシリコン製のふたが付属しており、ホコリが侵入することもなく便利。

コーヒーはできるだけゆっくり楽しみたいもの。

ゆっくり楽しむには保温保冷は必須ですし、ふたがなければ、ほこりなど異物が入ってしまうことも。

THERMOSのマグカップはおすすめです。

created by Rinker
サーモス(THERMOS)
¥1,591 (2020/10/28 09:08:10時点 Amazon調べ-詳細)

必要ではないけどおすすめ道具② 浄水器ポットとウォーターサーバー

コーヒーを淹れるということで、お水はどうされますか?

水道水でも良いのですが、水道水は不純物が多く、あまり飲料水としてもコーヒーにしてもおすすめはしません。

市販のミネラルウォーターなんかでも良いのですが、長期的にみるとコストが馬鹿にならないくらいかかります。

コストをかけず、おいしい水を手に入れられるのが、このブリタの浄水器ポット。

水道水をこのポットにいれることで、フィルターを通して不純物を取り除いてくれます。

口当たりの良いまろやかな水になるので、コーヒーもより美味しくなりますよ。

とはいえ、正直、個人的にはいちいち浄水するのも面倒だなと思っており、かといって市販のミネラルウォーターはゴミ出しが面倒だしな…とも思ったり。

浄水器ポットのデメリットフィルターの買い替えが必要なのと、浄水中の待ち時間。

浄水器ポットも面倒だなという方はウォーターサーバーをおすすめします。

初期費用もレンタル料かからず、配送料も無料。

こちらもコストがほとんどかからず、いつでも美味しい水が手に入ります。

ぜひともまずはウォーターサーバーを検討して欲しいところです。

【レンタル無料】プレミアムウォーターはこちら

【まとめ】ドリップコーヒーを始める上で必要な道具

以上が必要な道具になります。

そして、肝心のコーヒー豆ですが、青海珈琲というショップがおすすめです!

4種類の豆の中から3つ選べるセットがあったりと、コーヒー初心者に向けて色々試せるようになっています。

正直、人に教えたくないくらい好きなショップです。

ぜひ、まだ購入したいコーヒー豆がなければ、覗いてみて下さい!

【公式サイト】青海珈琲はこちら

created by Rinker
HARIO(ハリオ)
¥632 (2020/10/28 09:08:09時点 Amazon調べ-詳細)