【運営方針】読みたくなるブログと読みたくないブログ

Blog

こんにちは、坂本です。

2018年はブロガーブームと言って過言ではないくらい、多くのブロガーが生まれたと思うんですが、何故か本当に好きだと思えるブログに出会えていません。

そこで、読みたくなるブログってなんだろうと改めて考えてみました。


僕はこんなブログが好きだ

僕が定期的に訪れるブログがあります。

それは観音クリエイションさんが運営するmozblogです。

自分の私生活を切り取った内容の記事が多く、よくアメブロとかにある「いや、あなたの私生活なんて興味ないがな」みたいな記事ではなく、それとなく参考になる、真似したくなるような記事が多いです。

ガジェットや買ったものなんかも時折、紹介されていて、中でもごちゃごちゃした配線は全部まとめてケーブルボックスに入れて視界のノイズを減らすという記事では、写真4枚と少しの文章で構成されています。

多分、僕含め今どきのブロガーってどこの製品で、どんな価格で、どこで買えるのかという構成にしちゃうんですよね。そんな紹介よりも、こういう人間味のある記事の方が僕は欲しくなります。

ブログ堅苦しくなってない?

ブログは収益化ができます。

当ブログも散々アフィリエイトブログの作り方を解説したりしているのですが、収益を追えば追うほど、お金の匂いしかしないアフィリエイトサイトが出来ちゃうんですよね。

ひたすらマネタイズの為に集客するという構造になってしまい、個人が運営する良さが消えてしまいます。

なんかこう上手く言えないですが、みんな「自分に関する売り物を並べてるブログ」になってる気がする。

悪いとは言わないんですが、本当の意味で読者にはならないなと思うのです。

【自戒】僕もそんなブログになってしまっています

アフィリエイトを軸にめちゃくちゃ頑張って運営してきたので、正直お金のためだけにブログを運営してきた節があります。

ただ、だんだんそれに嫌気がさしてきていて、もっと自由に記事を書きたいなと思ったのです。

好きなように書いて、誰かの為に役に立てて、それがお金になればラッキーぐらいの気軽な記事。

本当に好きになってもらえるブログを目指したいなぁとふと思いました。

ビジネス畑にどっぷり浸かりすぎて、本質的な部分が見えなくなっていました。

別にアフィリエイトを辞めようとも、SEOをガン無視したものを書こうとは思っていません。

でも、ほんの少しだけ運営方針をズラして、自分自身が好きになれるブログにしていきたいです。