【料金比較】auからワイモバイルへの乗り換えはお得なのか

今回はソフトバンクが運営するワイモバイルと、大手キャリア通信のauを比較していきます。

これからauからワイモバイルへの乗り換えを検討されている方に向けてご紹介していきますので、ぜひ参考にして頂ければと思います。

auの最安値プランを確認

auの最安値プランでいくらかかるのか

さて、まずは価格での比較をベースに進めていきますので、まずはauのプランについて確認してみましょう。

今回はauで現在最も安く契約できるauプラットプランで比較します。

まず基本的に通話料とデータ通信量の合算となっており、auの通話定額だと1,700円、定額ライトであれば700円ということで、これに希望のデータプランの料金が加わります。

  • 通話定額(24時間かけ放題) +1,700円/月
  • 通話定額ライト(5分以内のかけ放題) +700円/月

そして肝心のデータプラン。

月々の使用量に応じて料金が変化するというもので、月額料金は以下の通り。

  • 0GB~1GB 1,980円
  • 1GB~4GB 2,980円
  • 4GB~7GB 4,480円

ということで、これらを踏まえて実際にワイモバイルと比較してみましょう。

ワイモバイルとの料金比較

データ通信料はワイモバイルが優勢

ワイモバイルは3GB、9GB、14GBの提供で、auのピタットプランは7GB未満までの定額プランなので、両者が一致するデータ量で比較してみます。(※通話料を省いたもの)

データ通信量auワイモバイル
3GB2,980円1,980円

3GBでの比較ですが、ワイモバイルの方が約1,000円も安いです。

3GB以上ではどうなんだと思われるかもしれませんが、この差は別の通信量でも変わりません。

これ以上はかなり複雑になるため、割愛しますが、やはり格安SIMであるワイモバイルの方が安くなります。

プラン内容(通話料を含めた料金)でもワイモバイルの方が優れている

さて、次に通話料を比較。

ワイモバイルでは無料で10分のかけ放題が含まれています。

対してauでは、かけ放題にするには別途料金がかかり、ワイモバイルと同じ1回10分の通話となると1,700円が加算されるので、通話料を含めた比較でもワイモバイルの方がお得。

どう頑張って比較してみてもauがワイモバイルに価格で勝ることはありません…。

結論、スマホ料金を安くするのであればワイモバイルがおすすめです。

【公式】Y!mobile(ワイモバイル)

auからワイモバイルへ乗り換えて感じるメリット

月額料金が圧倒的に安い

さて、料金比較でご説明した通り、どう比較してもワイモバイルの方がお得です。

今回ご紹介したピタットプランは、auが格安SIMの料金プランに対抗したものと言われていますが正直、対抗できていません。

しかもピタットプランで安く使うのには様々な条件があり、auのブローバンド回線契約、2年契約の縛り等々、非常に厳しい条件ばかり。

正直、数年前ならまだしも、様々な選択肢が用意されている現在において、aを使いづける理由はあまりないように思えます。

通信速度については差異はない

格安SIM事業者を取り扱うとよく話題にあがるのが通信速度。

auからワイモバイルに変える上で、通信速度を懸念されている方も多いはずです。

ですが結論、ワイモバイルの通信速度は大手事業者と変わりはなく高速です。

これには理由があり、ワイモバイルはソフトバンクの直営で、自社で基地局を持っている非常に稀なケース。

格安SIMに分類されるものの、実態はソフトバンクそのもので、大手のサービス提供とクオリティーは変わりません。

【比較まとめ】auからワイモバイルへの乗り換えについて

今回はauからワイモバイルへの乗り換えについて、料金比較をメインにお話しました。

大手キャリア通信から格安SIMに乗り換えるのであれば、ワイモバイルが最もおすすめだと思います。

ただし、auユーザーであれば、au直営のUQモバイルを検討される方もいるはず。

気になる方はこちらの記事をチェックして見てください。

ワイモバイルとUQモバイルを比較!どっちを選ぶべき?

またワイモバイルでは他の事業者に比べて、キャッシュバックも魅力。

ぜひこれからワイモバイルを検討されるのであれば、よりお得に契約できますのでキャンペーン情報を確認して申し込むことをおすすめします。

【8月】ワイモバイルのキャンペーンキャッシュバック!最新情報をお届け

【公式】Y!mobile(ワイモバイル)