アフィリエイトは危ない?その危険性やリスクについてお話します

Affiliate

「アフィリエイトに興味があるけど危険なんでしょ…?」

「よくお金とか騙し取られるとか聞くし…」

このようにアフィリエイトに興味はあるけど危ないイメージがある、リスクがあるのか気になるという方が多いと思います。

今回は、そんなアフィリエイトに関する危険性やリスクについての疑問を解決していきます。


よくあるアフィリエイトの悪いイメージ

アフィリエイトでよくあるのがツールや情報の販売です。

いわゆる情報商材と呼ばれるもので、多くの方がアフィリエイトの悪いイメージとして持っているものだと思います。
よくTwitterなんかでも、月収100万円を簡単に稼ぐ!というような誘い文句でメールアドレスなどの登録を促している人もいますよね。

結論からいうと、この情報商材はブラックなものとホワイトなものがあります。
ブラックなものは質の悪い情報を高額で売りつけるという、ネット初心者がよくハマる罠で、これは危険視すべきです。

ホワイトなものは本当に優良な情報を公開しており、noteというサービスを中心にブロガーやアフィリエイターがよくやっていますね。

というわけで、一般的にアフィリエイトの悪いイメージを与えているものは悪質な情報商材であり、アフィリエイトというビジネスは危険ではありません。

情報商材を買う必要性

そもそもアフィリエイトはサイトを作って、商品を紹介し、購入されたものに応じて報酬が入る仕組みです。

情報商材を買う必要性は本来全くありません。

僕自身も情報商材を一度も買ったことがありませんし、基本的に本やインターネットで無料で公開されている情報だけで収入を得てきました。
最近では、Twitterで稼いでいるアフィリエイターの手法も学べるので初心者の方はTwitterをベースに情報収集されるのが良いのではないでしょうか。

そして、基本的にアフィリエイトは楽して稼げるビジネスではありません。簡単に稼げるという話には耳を傾けないことです。

詳しくはこちらの【楽して稼ぐはウソ】ブログは稼げるけど作業量と収益は比例しないよという記事を見て頂けるとわかります。

アフィリエイトで失うものはただ一つ

ここまでアフィリエイトに危険性はほとんどなく、一部の悪質な情報商材が危険だとお話しました。

では、アフィリエイト自体に取り組むリスクはあるのか。

僕はこれは一つだけあると思っていて、それが「時間」です。

アフィリエイトは初期費用がほとんどかからない優秀なビジネスですが、ストック型のビジネスということで収益発生までに時間がかかります。この収益が発生するまでの期間を耐えられるかが稼げる人と稼げない人との違いだと思います。

結果的に中途半端にアフィリエイトを諦めてしまう場合は大きく時間を失うことになるので、注意が必要です。逆に暇で時間があるという方には絶好のチャンスですね。

結論 : 危険もリスクもビジネスの中では最小限

この記事のポイント
・アフィリエイトは悪質な情報商材が危険

・情報商材の中には良いものもある

・唯一失敗すると失うリスクがあるのが時間

危険もリスクも少なからずあるとお話しましたが、それでもアフィリエイトは他のビジネスに比べてそれらのリスクは最小限です。

気になっているのであれば、ぜひ挑戦すべき価値はあると思いますよ。

関連記事 : ブログを始めようか迷っているという無駄な思考について