ガジェットブロガーがAmazonで買って良かったものまとめ【2017~2020年】

こんにちは、坂本です。

今回はこれまでAmazonで購入したガジェットで購入してよかったものを一挙ご紹介。

2017~2020年まで、ここ数年で購入したものからピックアップ。

Amazonで買って良かったものまとめ

Bluetoothイヤフォン(TT-BH07)

初めてのBluetoothイヤフォン。

3,000円を切った低価格で、Amazonでの評価もやたら高かったので購入。

有線と違ってコードが多く露出せず、ポケットに入れて絡まったりなんて事がなくなるので音楽をよく聴く方はぜひ。

Phone7からイヤフォンジャックがなくなったりと、Bluetoothイヤフォンが主流になる時代もそう遠くはないと思うので、有線のものしか使ったことない人にオススメしたい商品です。

TaoTronics Bluetooth イヤホン apt-X HD・IPX7・cVc8.0 ノイキャン 18時間連続再生 SoundElite 71-JP
TaoTronics

LEDデスクライト(T12-EN1380)

f:id:sakayu9803:20171123172811p:plain
タッチセンサーで5段階の調光が可能で色温度も3種類ある便利なデスクライト。

元々は読書灯として購入しましたが、電気の明るさを徐々に下げると睡眠の質が向上する(寝付きやすくなる)と本で読んでからは、夜になったらこのライトを使うようにしてます。

ライトの部分、アームの部分の可動範囲が広いので、自分の姿勢に合わせて変えられるのが魅力的です。

※新型モデルがでました

ENERG LEDデスクライト コードレス 卓上スタンド 三段階調光 180°調節 タッチ式 USB充電 ディスプレイ付き進化版 T12-EN168
ENERG

カメラレンズ クリーニングセット

f:id:sakayu9803:20171124084228p:plain
去年、一眼レフを購入したのですが、クリーニングのための道具を何一つ持っていない事に気がついたので購入。

レンズペンには衝撃を受けましたね。

カメラをお持ちの方はお手入れの際に必ず必要になってくるので買っておくと良いですよ。

低反発マウスパッド(MPD-MU1NBK)

f:id:sakayu9803:20171124084241p:plain
普段からデザインをしたり、ブログを書いたりとデスクワークが中心なこともあって、
気がついたら手首に大きなたこが出来ていました。(マウスだこって言うらしい)

これは良くないと思って、買ったのが低反発マウスパッド。

このマウスパッドに出会うまで、マウスパッドに何のこだわりもありませんでしたが、
腕が疲れにくくなるのはもちろん、マウスの操作性が劇的に向上したので買って良かったです。

デスクワークが多い方にはぜひ試してほしい。

created by Rinker
サンワサプライ
¥1,550 (2021/09/28 11:18:37時点 Amazon調べ-詳細)

LOWYAのL字デスク

f:id:sakayu9803:20171123172325p:plain

引っ越しついでに念願のL字デスクを導入。

PCを開いたまま、あれこれと作業できるので作業効率がグンと上がりました。
今年で1番良い買い物かも。

[card id="7971"]

キーケース

f:id:sakayu9803:20171124084256p:plain
鍵なんて家の鍵1つしかないので、キーケースの必要性が個人的には分からなかったのですが、例え鍵が1つしかなくても、キーケースはあると便利。

每日持ち運ぶもので、帰宅時にカバンの中からゴソゴソと鍵を探すこともなくなったので日常での小さなストレスが解消されました。

ちなみに今は家の鍵とキャリーケースの鍵とか失くしやすそうなものを付けてます。

※生産終了につき新しいものが出ています

書類ファイルケース(ART-802)

B3の書類を持ち運びする機会があって、慌てて購入。

当日、雨が降りましたが、プラスチック製なので雨から書類を守ってくれて助かりました。
取っ手もかなり丈夫で、ある程度の重さにも十分耐えられます。サイズも豊富。

ビジネスマンはもちろん、学生なんかも1つあると便利です。

TARIONスタビライザー

誰でも簡単にヌルヌル動く映像を撮れてしまう手ブレ防止用スタビライザー。

スタビライザーは比較的プロが扱う機材なので高額なことが多いんですが、

Amazonだと現在6,600円で買えてしまうのでスタビライザー入門としてこの商品はベストです。

※上記商品はAmazonでの取り扱いが終了、現在はZHIYUN Official Weebill Sに乗り換えています

【ソニッケアー】ダイヤモンドクリーンスマート

2018年も様々な買い物をしましたが、特に気に入っているのがこれ。

ネットでも評判の良いソニッケアーシリーズの最上位機種。

今まで歯ブラシにお金をかけたことがなかったのですが、何でもっと早く良い歯ブラシに投資しなかったんだと後悔。

この機種は電動歯ブラシなのですが、そこら辺の電動歯ブラシなんかとはワケが違います。

繊細な動きで汚れをかき出してくれます。

関連記事 : フィリップスのソニッケアー最上位モデルを購入しました【ダイヤモンドクリーンスマート】

Amazon Echo(アマゾンエコー)

2018年の12月に購入したAmazon Echo。

初めてのスマートスピーカー(AIスピーカー)です。

iPhoneでも音声認識機能はありますが、あまり実用的に使っておらず、購入前は果たして本当に活用できるのか非常に迷っていました。

しかし、実際に導入してみるとめちゃくちゃ便利。

好きな音楽にラジオ、毎日のお天気から目覚めのアラームまで全部これ一つでまかなえます。

誤認識も少なく、普通に性格なレスポンスが返ってきます。もう生活に無くてはならないものに。

関連記事 : Amazon Echoを3ヶ月以上使った感想【レビュー】

RS-WFIREX3 (ラトックシステム スマート家電コントローラ)

Amazon Echoを購入した際に、家電も全て声で操作したいという気持ちになり、買ってしまいました。

そして、僕はこれに出会うまで完全に勘違いをしていたのですが、リモコンさえある家電であれば全て操作できるのですね。

てっきりスマートスピーカー対応の家電を購入する必要があるのかと思っていました。

このRS-WFIREX3はスマート家電コントローラーという商品で、リモコンの赤外線を記録し、いつでも呼び出せるというものです。

あらかじめリモコンを登録しておけば、エアコンだろうが照明だろうがデスクスタンドだろうが全て制御できます。超便利。

夢のスマート家電をいとも簡単に導入できる優れものです。

関連記事 : 【レビュー】スマート家電コントローラRS-WFIREX3の話【アレクサ対応】

LGモニターディスプレイ 27UK850-W 27インチ

2018年の中でも特に大きな買い物だった外部ディスプレイ、といっても7万円弱でしたが。

普段使用しているMacBook Proを外部出力し、クラムシェルモード(PCを閉じた状態で使用できるモード)で作業する為に購入しました。

Mac Book Proのディスプレイ設定で「スペースを拡大」という項目があり、普段から広く使える設定ではありましたが、デザインなどの細かい編集作業で物足りなさを感じていました。

ディスプレイ導入後はかなり快適に使えており、細かい作業もラクラクです。

GoPro HERO7 Black

はじめてのGo Pro。

ネットでもかなり高い評価を受けており、以前の機種に比べて音声のクオリティーがかなりアップしてるみたいです。

実際に使用してみても、スムーズな操作で簡単に綺麗な映像が撮れます。

Go Proといえば、アクションカムの定番。まだまだ使い倒す余地がありそうです。

GoPro HERO7 Black CHDHX-701-FW ゴープロ ヒーロー7 ブラック ウェアラブル アクション カメラ
GoPro(ゴープロ)

AirPods Pro

早速第一位ということで、選んだのがAirPods Pro。発売してすぐ爆発的に売れ、品薄が続いたAirPodsシリーズの最新作。

従来のAirPodsにはなかったノイズキャンセリング機能は高く評価され、僕としてもこのクオリティーには驚きました。

気づけば仕事や家の中と、日常生活の中で常にAirPods  Pro付けているような状態で、自分の生活を一変させたガジェット。

ノイズキャンセリング機能でいつでも自分だけの空間をつくることができる上、外音取り込みのモードでいつでも日常に戻れるという快適な設計が見事にマッチ。

まだ持っていない人は本当に一度は試して欲しい。

[card id="7519"]

WH1000-XM3

1位のAirPods Proに続き、またオーディオ機器なのですが、こちらはノイズキャンセリング機能のついたヘッドフォンです。

正直、ノイズキャンセルの性能差的にはこっちのヘッドフォンの方がよく、本当に周りの雑音が消える感覚があります。

ただヘッドフォンということで、イヤフォンであるAirPods Proよりは日常生活の中での出番は少ないのですが、自宅や飛行機をはじめとする特別な場所には必ず持っていきます。

音質もとても良く、音楽を本気で聴ける、そんなヘッドフォンだと思います。

[card2 id="4796"]

HHKB Type-S

こちらはキーボード。HKKBといえば、高級キーボードとも言われ、エンジニア職を中心にタイピングの多い職業で根強い人気があります。

僕もブログを書く時はもっぱらこのキーボードです。

価格は少し高めではありますが、キーストロークの深い設計であるHHKBは、タイピングしやすく個人的にはミスタイプも減るのでお気に入り。

仕事道具に投資せよとは良く言いますが、なるほど、こういうことかと納得せざるをえませんでした。

[card2 id="4839"]
created by Rinker
HHKB
¥42,800 (2021/09/28 08:16:18時点 Amazon調べ-詳細)

umbraオット

umbraから出ているソープディスペンサー。

ソープディスペンサーとは、手洗いなどで洗剤などを入れるボトルです。

とはいえこのumbraのオットという商品はただのソープディスペンサーではなく、自動式になります。

手をかざすだけで自動でハンドソープが出てくるという立派なガジェット。

手は毎日必ず洗いますし、衛生的で重宝します。ハンドソープをプッシュする生活を変えました。

SONY α7ⅲ

人生で初めて購入したミラーレス一眼カメラ。

SONYのαシリーズは人気が高く、以前買取のお兄さんにもSONYのαシリーズは本当に買取でも高いと言っていました。人気なんだなあ。

さてそんなα7ⅲですが、軽量で持ち運びもしやすいし、最近では僕のYouTubeチャンネルを支えてくれる立派な相棒です。

TAMRONのズームレンズとBOSEのマイクを付けて使っています。あ、映像だけでなく写真もちゃんと撮りますよ。

GR3

先程のSONY αⅲに続いて、こちらもカメラ。

コンパクトデジカメであるGR3なのですが、かなりコンパクトで起動も早く、日常生活の中で写真を撮るというアクションを僕の中で根付かせたカメラです。

街の中でふとスナップ撮影をしたりしては、Instagramにアップし写真ライフを楽しんでおります。

[card2 id="5154"]

iPad Pro

ここ数年で一気に進化したiPad Pro。

たいていのクリエイティブ制作はiPadでできる様になってきたし、ペーパーレス化の進む現代で一役買ってますね。

僕個人的にはメインのMacBook Proに続くサブ的な立ち位置になっており、メモやコンテンツ消費などで毎日使っています。

[card2 id="4971"]

SatechiのUSBハブ

ここ数年の不満を解消してくれましたUSBハブ。

いつからかMacBookからUSBポートやHDMIの端子が消え、何か接続するには必ずUSBハブが必要になっていました。

純正のUSBハブも使っていましたが、かさばるし、見た目もなんだかいまいちだし、ということでたどり着いたのがこのSatechiのUSBハブ。

MacBook Pro

MacBookに関しては、僕にとってなくてはならないものです。

Airなどもありますがスペック面では、やはりProが最強です。

デザイン制作や映像制作、このブログの執筆もこのMacBook Pro。

使って良かったサービス(補足)

Amazonプライム

f:id:sakayu9803:20171124090846j:plain

言わずと知れた神サービス。

Amazonを利用するなら間違いなく利用すべきです。

今年はプライムビデオで見れるドキュメンタルにもドハマりしました。

あとKindleを購入してから読書量が増え、Amazonのサービスには脱帽です。

Amazon Primeでできることまとめ
  • お急ぎ便、お届け日指定が使い放題&送料が無料
  • Kindle Unlimitedの中から数百冊が読み放題(Prime Reading)
  • Kindle本が毎月1冊無料で読める(Kindleオーナーライブラリ)
  • プライム会員限定のセールに参加(先行販売)
  • Prime music、Amazon プライムビデオ等のコンテンツの利用
[say]ここからはAmazon Primeがどれだけ凄いかを解説します。[/say]

年会費

 年あたり月あたり無料体験の期間
年間プラン3,900円325円1ヶ月
月額プラン4,800円400円1ヶ月

年会費は3,900円(税込み)です。月に換算すると月額325円になります。

年間プランとは別に月額プランで400円(税込み)/月もありますので、まずは様子を見たいという方は月額プランでも良いでしょう。

ただ、年単位でみると年会費の方が900円お得なので、長期的に利用するのであれば年会費の方に切り替えるのをお忘れなく。

Amazonプライム特典

1. 無料で使い放題の配送特典

Amazonでの買い物で利用できる当日お急ぎ便お届け日時指定便、Prime nowでの1時間配送が無料で利用可能になります。

また、プライムマークが表示されている商品に関しては手数料無料なったりと、日頃からAmazonを利用される方には嬉しい特典になっていますね。

2. 映画やアニメ、ドラマなどが見放題のAmazonプライムビデオ

Amazonプライムビデオでは3万以上のラインナップから好きに動画コンテンツが楽しめます。

話題作や最新ドラマなど国内海外問わずたくさん用意されているので、かなりおすすめの特典です。

また、Amazonプライム限定のオリジナルコンテンツも充実しており、昨年は松本人志プレゼンツの「ドキュメンタル」が大きな話題をよびました。

スマホやタブレットではダウンロードもできるので、オフライン環境でも動画が楽しめます。

Fire TV Stickがあれば、テレビの大画面でも視聴可能です。

3. 音楽も聴き放題にPrime Music

プライム会員では音楽も聴き放題になります。iPhoneでもアンドロイドでもPrime music専用アプリのがあるので、どこでも音楽が楽しめます。

PCに関しても専用アプリがあって、ジャンル問わず、膨大なアーティストの中から自由に音楽を聴くことが出来ますよ。

邦楽ランキングや話題のアーティストを集めたプレイリストも充実しており、こちらもダウンロードでオフライン再生が可能です。

個人的にはPrime musicで十分なのですが、もっと音楽を楽しみたいという方に向けて、楽曲数40倍のMusic Unlimitedもあります。

4. 本や雑誌が読み放題になるPrime Reading

Amazonが販売する電子書籍「Kindle」はもちろん、スマホやタブレットでもKindleアプリがあるので、無料で本や雑誌を読むことが出来ます。

小説や漫画、ビジネス書など豊富なジャンルなので、読みたかった本が見つかるかもしれません。

本に関して言うと、毎月1冊を無料で読むことが出来るKindleオーナーライブラリというサービスも利用できるようになります。

5. 写真の保存場所にプライムフォト

プライム会員限定のオンラインフォトストレージ「プライムフォト」が利用できます。

このサービスの凄いのは容量が無制限であるという点です。

通常DropboxやGoogleドライブといったオンラインストレージは一定の容量以上は有料になります。

写真は増えるとデータ容量を圧迫するので、写真の保存場所に困っている方やバックアップにとても良いんじゃないでしょうか。

6. ベビー用品がお得になるAmazonファミリー

おむつがいつでも15%OFFになるAmazonファミリー。その他、ベビーカーやチャイルドシートなどもお得に買えます。

まだ小さいお子様がいるご家族にはもってこいのサービスです。

7. ショッピングの幅が広がるAmazonパントリー

日用品や食料品を欲しい分だけまとめ買いできるサービスです。

生鮮食品に関しては、別でAmazonフレッシュがあるので、プライム会員になると一気にショッピングの幅が広がりますよ。

更に、Amazonダッシュボタンというボタンを押すだけで商品が注文できるボタンも使えるので、消費の早いトイレットペーパーや洗剤などを気がついた時にすぐに注文することが出来ます。

8. Amazonプライム会員限定のセールに参加できる

Amazonではセールが每日のように行われていますが、Amazonプライム会員であれば参加できるセールもあります。

定期的に行われるビッグセール「サイバーマンデーセール」などでは、先行入場ができるので、すぐに売り切れてしまう人気商品も格安でゲットできるチャンスも。

Amazonプライムはこんな人におすすめ!

  • Amazonでの買い物が月に1回以上ある人
  • プライムビデオやPrime Music等のコンテンツを利用してみたいという人
  • Kindle・Fireタブレットを持っている、もしくは購入予定の人(本が読み放題

月額換算で数百円でコンテンツ使い放題、配送特典などがつくので、かなりお得なサービスといえるでしょう。

まだ迷っているという方も、無料体験が出来るので、ぜひ一度体験してみるのがおすすめです。

無料期間内に解約する事も可能ですので、ぜひ気軽にお試しください。

現金払いができないので、クレジットカードが必須になります。

その他au WALLETプリペイドカードでも利用可能ですが、まだ何も持っていないという方は無料でゲットできる楽天カードがおすすめです。

[center]無料体験あり![/center] [center]AmazonPrime会員登録はこちら[/center]

自動延長について

1ヶ月の無料体験期間が終了すると、自動で更新されてしまいますので、「解約し忘れそうで怖い」という方は先に解約手続きをしておくと良いです。(先に解約手続きしていても無料体験は1ヶ月利用可能です)

[box class="box32" title="解約の仕方"]
  1. こちらの解約ページで「Amazonプライム会員登録をキャンセル」をクリック
  2. 「Amazonプライム会員情報を管理する」をクリック
  3. 「会員資格を終了する」をクリック
  4. 「20xx/xx/xxに終了する」をクリック
  5. →以上で終わりです。勝手に期間が過ぎたら自動的に解約されます。
[/box]

Prime Student(学生はこちら)

先程のAmazonプライムは学生版もあります。

国内の学校に通う大学生、大学院生、短期大学生、専門学校生、高等専門学校生が対象です。

Prime studentとは

Prime student(プライム・スチューデント)は簡単にいうと、学生版Amazonプライム会員です。

Amazonユーザーならご存知かと思いますが、Amazonでは有料会員になることで、お急ぎ便が無料になったり、ビデオや音楽サービスなどのコンテンツを利用できるようになります。

一般向けのAmazonプライム会員でもかなり魅力的ですが、学生向けのPrime studentも、それ以上に素晴らしいサービスになってます。

プライム会員との違い

年会費が半額

通常のプライム会員の年会費が3900円(税込)であるのに対し、Prime studentは1900円(税込)と半額になってます。

月額に換算すると、月159円ということで学生にもかなり負担の少ない金額設定に。

この手のサービスに加入するのを辞めてしまう大きな要因のひとつが「料金」だったりしますが、あまりにも安いので少しでも気になっているのであれば入って損はないと思います。

[box class="box3"]追記
今までは年単位でしたが、月会費200円(税込)の月間プランも始まりました![/box]

本を購入すると+10%ポイント還元 

Amazonで商品を購入するとAmazonポイントというポイントが付与されます。

このAmazonポイントは1ポイント=1円としてそのままAmazonでの買い物に使えるのですが、Prime studentが本を購入する際にはこの通常ポイントに+10%のポイントが付与されます。

参考書など書籍を買う機会が多い学生にとってはかなりお得なポイント還元です。

文房具などが20%OFF

筆記用具やノートなどの文房具をPrime student会員は20%OFFで購入することが出来ます。

僕自身もクリアファイルを使うことが多いので、この会員限定の20%OFFを活用して、ガンガン購入してますね。

[center]無料体験あり![/center] [center]AmazonPrime Student会員登録はこちら[/center]

クレジットカード

f:id:sakayu9803:20171124092952j:plain
そして最近になり、ようやくクレジットデビューを果たしました。

ちょうどiPhone8に機種変更した際に世界的に進んでいるキャッシュレス化を取り入れようとクレジットカードを持つようになりました。

ATMでいちいちお金をおろすことなく、レジで小銭を探すこともなく、カード1枚で済ませるようになって大きく生活がスマートに変わりました。

どんどんポイント貯まるし。

当初はお金を使いすぎないかなんて心配もありましたが、流石に普段の生活レベルが変わるわけではないので全く問題ありませんでしたね。

[center]今なら8000円貰えます![/center] [center]三井住友カードはこちら[/center] ]]>